地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2009年4月24


調査生かし個別指導も
名寄商工会議所・交通量と空き店舗の2調査

 【名寄】名寄商工会議所は二十一年度、交通量と空き店舗の二調査行う。二十年度は、この二つの調査に加え、買い物調査など六つの調査を実施したが、一定程度消費者の動きなどがつかめたことから、調査を減らした。また、二十年度の調査のうち、店舗改築意向調査で改築希望のあった店舗に関する個別指導を二十一年度で始めており、調査の成果を生かす取り組みにも着手している。
 昨年四月、市内徳田に大型のショッピングセンターがオープン。その影響などを探る意味で、経営動向調査を実施した。ポスフール開業に伴う対応策なども調査項目に盛り込んで行った結果、心配されたほどの影響が出ていない実態が示された。

[ 2009-04-24-19:00 ]


高大連携事業で協定締結
名寄大学、名寄農高・油糧用ヒマワリ栽培

 【名寄】名寄市立大学(久保田宏学長)と名寄農業高校(福本直人校長)の「高大連携事業に関する協定書」の調印式が二十二日、同大学新館で行われた。
 名寄農高の課題研究(総合的な学習)として、食品製造班(生活科学科二年五人)が「ヒマワリ油の研究」に取り組むが、大学教員や研究員が指導・助言を行うとともに、大学施設や備品を提供する。
 五月の連休明けにも高校農地三十アールに、高オレイン酸系と中オレイン酸系の搾油用ヒマワリの種千五百粒を植え、生育調査やデータ収集など。来年以降は、名寄農高で生産の卵とヒマワリ油、地域の酢を使ってマヨネーズを作る計画。

(写真=協定書にサインする久保田学長と福本校長)

[ 2009-04-24-19:00 ]

待ち合いスペース拡大
北はるか農協本所金融店舗・7日から1階に移転

 【美深】北はるか農協(中瀬省組合長)の美深本所では現在、金融店舗を同本所二階から旧Aコープ美深店跡の一階に移転する工事が行われている。新店舗での営業は五月七日午前八時四十五分から開始する。
 同農協は、昨年五月末でAコープを閉店。その後、金融店舗の利用客から一階での営業を望む声が聞かれるとともに、十年ごとに更新しているオンラインシステムが今年五月から試験稼動するのに合わせ、四月六日から改修工事をスタートさせた。
 新しい店舗では、利用客の利便性向上を目指し、待ち合いスペースを拡大するとともに、相談ブース二カ所を新たに設ける。また、現在は本所一階の屋外から入った一室にあるATM(自動現金預払機)を、新店舗では玄関付近に設置する。

[ 2009-04-24-19:00 ]

風を受け大空を泳ぐ
名寄・北国博物館でこいのぼり

 【名寄】名寄市北国博物館(鈴木邦輝館長)では、今年も同館前にたくさんの「こいのぼり」が風を受けて大空を泳いでいる。
 同館では、十二年前に市民に不要となった「こいのぼり」の提供を呼びかけて、約二百匹が集まった。毎年ゴールデンウイーク前になるとこれらの「こいのぼり」を揚げており、今年もポールに吹き流しと六匹のこいのぼり、同館から横に張られたワイヤーにも吹き流しと二十三匹のこいのぼりが泳いでいる。
 また、同館では二十五日から五月六日まで大型連休企画として「博物館であ・そ・ぼ・う!!」を開催することにしている。木工体験のほか、リサイクルおもちゃや木製のおもちゃで遊ぶことができる。

(写真=大空を泳いでいる寄贈されたこいのぼり)

[ 2009-04-24-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2009年

4月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
8日
9日
10日
11日
13日
14日
15日
16日
17日
18日
19日
20日
21日
22日
23日
24日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.