地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2009年4月18


下多寄エリアで実証運行
名寄で10、11月に乗り合い車両・市内の交通事業所に委託

 【名寄】名寄市は、「名寄市地域公共交通活性化協議会」(仮称)設置に向けた準備作業を進めている。乗り合いタクシーやバスなどのデマンド交通導入も含めた、新交通システムを構築しようとするもの。二十一年度と二十二年度に市内の交通事業所の協力を得て下多寄エリアで「乗り合い車両実証運行」を行う計画。本年度は十月と十一月二カ月間取り組むこととしており、この実証運行などを基に、住民ニーズに応えた新たな市内公共交通体制を整備していく考えだ。

[ 2009-04-18-19:00 ]


鉄筋に作品通し塔へ
北海道陶芸会設立40年・記念事業でワークショップ

 【名寄】北海道陶芸会(前野右子会長)の創立四十周年記念ワークショップが十六日、風連陶芸センターで開かれ、多くの市民が思い思いの作品を作り、陶芸の楽しさを味わった。
 作品作りの楽しさを体験してもらうワークショップは、全道十五カ所で開催。内容は中心に穴を開けた作品を一・二メートル〜一・五メートルの鉄筋に通してトーテムポールのような塔を制作するというもので、完成品(五十基程度)は札幌芸術の森展覧会で展示する。ワークショップの皮切りとなった風連会場には、陶芸サークル受講者たち約二十人が参加。フクロウやブタ、ネコの顔など思い思いの作品作りに熱中していた。

(写真=指導を受けながら思い思いの作品を作る参加者たち)

[ 2009-04-18-19:00 ]

健康状態も確認
美深で銃砲一斉検査

 【美深】美深警察署(神英昭署長)の銃砲一斉検査が十六日、同署で行われた。同検査は、銃刀法に基づき、毎年この時期に全道の警察署ごとに実施。銃砲所有者はこの検査を受けることが法律で義務付けられている。
 同署管内は、有害鳥獣駆除で猟銃を持つ人が多く、美深で十六人、音威子府で二人、中川で十二人の合計三十人が検査の対象となっている。検査では、署員が銃の薬室や弾倉に銃弾が残っていたり、構造や機能に異常がないか―など銃を手にしながら目視した。
 また、銃の保管状況や使用実績を聞き取り、長期間使用していない「眠り銃」がないか―も調査。さらに所有者の精神面といった健康状態も確認した。

(写真=銃の構造などを確認した一斉検査)

[ 2009-04-18-19:00 ]

1年生が笑顔で入会
風連町児童クラブ歓迎会

 【名寄】風連町児童クラブ新一年生歓迎会が十六日、風連児童会館で開かれ、先輩児童がハンドベル演奏やダンスを披露して後輩を歓迎。クラブ生活の楽しさを伝えた。
 同クラブの開設目的は、保護者が労働などで昼間家庭にいない小学校低学年児童の健全育成を図ること。本年度は、新一年生三十人が入会し、会員数は百四人。児童七十五人(うち一年生二十八人)が参加。図書館の利用方法や同クラブの決まりの説明後、新一年生が自己紹介し、「仲良くしてください」と、元気良くあいさつ。
 歓迎の出し物として、先輩児童がハンドベル「かえるのうた」、ダンス「陽はまた昇る」を披露。温かい歓迎に、不安でいっぱいだった一年生の表情も笑顔に変わっていた。

(写真=歓迎の出し物を披露する先輩児童)

[ 2009-04-18-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2009年

4月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
8日
9日
10日
11日
13日
14日
15日
16日
17日
18日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.