地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2009年4月16


中心商店街に約30件
名寄商工会議所・21年度も空き店舗調査継続

 【名寄】名寄商工会議所は、二十年度から中心市街地の空き店舗調査を行っているが、それによると既に五丁目、六丁目の両通などに合わせて約三十軒の空き店舗がある。このほか、以前は店舗があったが、現在は空き地となっている個所もあり、商店街の空洞化対策が急務となっている実態が見られる。商工会議所では、今後も継続して空き店舗調査を行う考えだ。
 かつては空き店舗になっても、次の店が入って空き店舗が埋まった中心商店街だが、現在は空き店舗が埋まるケースは少なくなっており、商店街としての地盤沈下が進んでいる実態を浮き彫りにしている。

[ 2009-04-16-19:00 ]


未処分剰余金は4334万円
北はるか農協通常総代会・総生産額も計画上回る

 【美深】北はるか農協(中瀬省組合長)の第六回通常総代会が十六日、美深町文化会館で開かれた。二十年度は経費削減を進めるとともに、財務基盤確立のための各種引当金を計上した結果、当期未処分剰余金は四千三百三十四万七千円となった。
 総代会には百三十人人が出席。中瀬組合長は「信連の三百億円増資のうち、北はるか農協は一億五千九百万円を出資。財務の健全性を確保しながら地域農業を支えたい」とあいさつ。
 二十一年度の事業方針は、生産費を抑えながら高収益作物へのシフトによる農業所得の確保。フルーツトマト選別予冷施設(下川)の稼動、カボチャ定温貯蔵施設(美深)の建設など安定供給と販売価格確保に向けた農業振興に取り組む。

[ 2009-04-16-19:00 ]

職員の意識改革に努め
名寄の吉田病院・機能評価とISO認定を取得

 【名寄】名寄の医療法人臨生会吉田病院(吉田肇院長)は、このほど日本医療機能評価機構の「病院機能評価」と品質マネジメントシステム「ISO9001」の認定を受けた。両認定を受けた医療機関は上川北部では初めて。ISO認定については、同法人が運営する介護老人保健施設そよかぜ館も同時に受けた。信頼ある医療提供への証ともなる両認定だが、吉田院長は「目指すべき設計図が示されたにすぎない。現状を打破しながら進化していくという意識が、スタッフ一人一人に定着するよう努めたい」と話している。
 病院機能評価は、組織理念の設定や医療サービスの質などを第三者機関が客観的に評価するもの。一方、ISOは国際標準化機構の略。国際規格での品質保証システムが定められ、人や設備の配置、責任や権限などを組織全体としてとらえ管理することが求められる。

(写真=認定証を手にする吉田院長)

[ 2009-04-16-19:00 ]

ルール順守し指導
児童交通安全指導委員・名寄東小6年19人を委嘱

 【名寄】名寄東小学校(千葉芳久校長・児童百六十六人)の六年生十九人が十五日、名寄地区交通安全協会(定木孝市朗会長)などから児童交通安全指導委員の委嘱を受けた。
 同委員制度は、平成十八年から北海道警察旭川方面本部独自で取り組んでいるもの。小学六年生を交通安全指導委員に委嘱することで、自らが模範となって交通ルールを順守するとともに、下級生に対する交通安全指導を行い、小学生の交通事故抑止を図ることが目的。
 委嘱式は、臨時全校集会の中で行われ、定木会長が、六年生代表の石橋侑玖君に委嘱状を交付した。

(写真=定木会長から委嘱状を受けた石橋君)

[ 2009-04-16-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2009年

4月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
8日
9日
10日
11日
13日
14日
15日
16日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.