地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2009年4月2


厳しい時代に気引き締める
本紙管内・3自治体で21年度辞令交付式

 名寄、下川、美深では一日、二十一年度の人事異動に伴う辞令交付式が行われた。各自治体とも厳しい財政状況の下、さまざまな地域課題も山積していることから、辞令を受け取った職員たちは、首長の訓示に真剣に耳を傾け、新たな職場に気持ちを引き締めた。
 島多慶志名寄市長は、職員一人一人に辞令を交付し、「行政の一方的なお願いだけでは、市民との協働のまちづくりを進めることはできず、説明責任を果たしながら各種施策を実現していく。前任の仕事を新たな職場で生かすとともに新たな目線で検証し、それぞれの責任をまっとうしてほしい」と期待。
 安斎保下川町長は「限られた人員だが知恵と工夫、新たな発想で健全財政を堅持、地域振興策を積極的に進めてほしい」と訓示。
 山口信夫美深町長は「美深町の新年度予算が決まったが、それぞれの担当部署で積み上げた予算なので、効果が上がるよう早めに事業を実施してほしい。新しい総合計画、行政改革計画の策定作業も始まる。将来のまちづくりに向け、町民と目線を合わせて議論していかなければならない」などと訓示した。

(写真=上から、島市長から辞令を受け取った名寄市の辞令交付式。「環境モデルを各施策に」と訓示した安斎町長。職務遂行で町長に宣誓する新採用職員たち)

[ 2009-04-01-19:00 ]


各施策概要など聞く
農業、農村振興審議会・会長に中島組合長を互選

 【名寄】第一回名寄市農業・農村振興審議会が三十日、市役所風連庁舎で開かれ、会長に中島道昭道北なよろ農協組合長、副会長には泉谷昭夫名寄市農業委員会長を互選。市担当者から中山間地域等直接支払交付金の事業内容など、現在進められている各農業施策の説明を受けた。
 同審議会は農業・農村振興の円滑な推進を図るために設置。市長の諮問に応じ(1)農業・農村振興計画の策定に関すること(2)農業振興地域整備計画の策定に関すること(3)新規就農者の認定に関すること─などを調査審議する。

[ 2009-04-01-19:00 ]

求める市民で長い列
なよろ地域商品券・好調な売れ行きみせる

 【名寄】国の景気対策の一環である定額給付金支給に合わせた、プレミアム一〇%付き「なよろ地域商品券」が三十一日、名寄商工会館、風連商工会の二カ所で販売開始。初日は前回販売時の勢いをそのままに、販売会場は地域商品券を求める市民でにぎわい、好調な売れ行きをみせた。
 地元商店の販売促進や消費拡大を狙いとする地域商品券は、一枚千円の商品券十一枚(一万千円分)を一セットとし、一万円で発売。今回はガソリンスタンドなどが新たに加わり、市内の参加店約二百九十店で使用することができる。

(写真=好調な売れ行きをみせた「なよろ地域商品券」販売)

[ 2009-04-01-19:00 ]

歌や手遊びで楽しむ
由井音楽教室が慰問演奏

 【名寄】由井音楽教室(佐々木恵子代表)に通う小学生が三十日、名寄東病院を訪れ、入院患者に歌声や演奏を披露した。
 高齢の患者にもなじみのある選曲で、オカリナの演奏や歌に合わせた手遊びなども行い、楽しいひとときを過ごした。
 また、生徒たちがこの日のために準備してきた手作り首飾りもプレゼントし、患者らは真心のこもったプレゼントに喜んでいた。

(写真=小学生13人が東病院で歌など披露した)

[ 2009-04-01-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2009年

4月

1日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.