地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2009年3月25


駅横市有地売却は時間必要
名寄市議会予算特別委

 【名寄】名寄市議会予算審査特別委員会(岩木正文委員長)は二十四日、民生費、衛生費、労働費、農林業費、商工費、土木費、災害復旧費で質疑を行った。黒井徹委員(市政クラブ)は「西條百貨店へのJR名寄駅横の市有地売却のタイミングは」と質問。上田盛一経済部次長は「現在、市が駅横のJR所有地の取得協議を進めているほか、バス会社から駐機場の整備要望もあることから、総体的な見通しの上で西條に市有地を売却する」と答え、一定の時間が必要とした。

[ 2009-03-25-19:00 ]


9年の歴史に幕下ろす
名寄光凌高校・さらなる発展向け閉校式

 【名寄】名寄光凌高校(池田尚志校長)の閉校式が二十四日、同校体育館で行われた。
 同校は名寄工業高と名寄恵陵高が統廃合し、平成十二年に普通科、電子機械科、建築システム科、生活文化科の各一間口で開校。これまでに九百九十六人の卒業生を輩出した。 しかし、十九年九月には道教委から名寄光凌高と名寄農業高の統合が発表され、二十一年四月には名寄産業高校(酪農科学科、電子機械科、建築システム科、生活文化科各一間口)が開校する。現在の光凌高一・二年生は産業高校に編入することになる。
 閉校式には、在校生と関係者らが出席。池田校長が「光凌高校の良き伝統を受け継ぎ、発展させなければならない。光凌高校同様に産業高校の応援をお願いします」と式辞を述べた。

(写真=新設校の「産業高の応援を」と式辞を述べた池田校長)

[ 2009-03-25-19:00 ]

初日は400人弱が申請
美深町・定額給付金の窓口開設

 【美深】美深町は、定額給付金の申請受け付けを二十三日からスタート。初日は午前九時から窓口を開設したが混雑は見られず、郵送を含め四百人弱が申請を済ませた。
 同町の給付対象者は、基準日の二月一日時点で住民基本台帳に登録されている人で、五千百九十三人(二千四百十一世帯)。
 受付窓口の町役場町民相談室では、職員十人で対応したが、順番待ちになることはほとんどなく、大半が午前中の申請だった。職員たちは申請書類の記入事項や身分証明書の添付、預金通帳の口座番号などを確認した。

[ 2009-03-25-19:00 ]

交流センに届ける
名寄東小5年生・キャップ2000個以上を回収

 【名寄】名寄東小学校五年生担任の清水真理教諭と代表児童三人が二十三日に名寄市立大学を訪問。学校で集めたペットボトルキャップを地域交流センターに届けた。
 キャップ四百個の売却益は十円。二十円でポリオワクチン一人分となり、世界の子供たちの命が救え、さらにキャップ回収で焼却処分量が減少。二酸化炭素削減にもつながる。
 同校五年生の取り組みは、総合的な学習「ひびきあい」の一環。ボランティアを学ぶ中で、いろいろな人の役に立ちたい─との思いが強まり収集活動を開始。全校児童や教職員の協力を呼び掛けた結果、集まったペットボトルキャップ数は二千個以上。
 同センター学生サポートチーム(田中香澄運営委員長)でも同事業に取り組んでいることを知り、この日、五年生代表が同センターを訪問。段ボール箱いっぱいのキャップを、田中運営委員長ら運営委員四人に手渡した。

(写真=学生サポートチームにキャップを届けた東小児童)

[ 2009-03-25-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2009年

3月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
8日
9日
10日
11日
12日
13日
14日
15日
16日
17日
18日
19日
21日
22日
23日
24日
25日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.