地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2009年3月18


説明責任で島市長が陳謝
名寄市議会理事者答弁・駅横市有地の活用問題

 【名寄】名寄市議会定例会の十七日は、佐藤勝議員(凛風会)が代表質問、高橋伸典議員(公明)、川村幸栄議員(共産)、渡辺正尚議員(まちづくり)の三議員が一般質問で、理事者の考えをただした。佐藤議員のJR名寄駅横の市有地活用にかかる情報の共有と説明責任で、島多慶志市長は「コープさっぽろの進出について議会にも状況説明を行ってきたが、結果的に、コープさっぽろへの土地利用の断りで、十分な説明の場を設定できなかったことを、心からおわび申し上げたい」と陳謝した。

[ 2009-03-18-19:00 ]


作業効率アップ狙う
北森協同組合、上川北部森組・国の補助事業で新機械導入

 【名寄】北森協同組合(林正博理事長)、上川北部森林組合(同組合長)は二十一年度、林業・木材産業構造改革事業(国の補助事業)を活用して、高性能機械を導入する。木材需要が伸び悩む中、作業効率をアップさせるとともに、需要者ニーズに応えた国産材の安定供給に取り組む。
 同事業は、地域の持つ力を最大限引き出し、森林の整備・保全の推進、林業・木材産業の健全な発展、木材利用推進のための取り組みを支援するもの。

[ 2009-03-18-19:00 ]

新校舎が一部完成
美深小・4月から改修工事再開

 【美深】美深小学校(中島壽行校長)の新校舎が一部完成。町では二十、二十一年度に改築・改修工事を行っており、二十年度は昭和三十九年建設の校舎を建て替える改築、二十一年度は昭和五十一年増築の校舎改修と耐震補強を行う計画。子供たちは新しい学びやの完成を喜びながら、学習に励んでいる。
 二十年度の事業費は二億五千九百九十三万七千円。改築校舎は二月二十日に完成。学校側から本年度の卒業生も新しい校舎で授業を受けさせたい―との要望があったことから、町は上川支庁に校舎の仮使用を申請し、同月二十六日から利用している。

[ 2009-03-18-19:00 ]

積雪は平年より多め
名寄白樺カントリー倶楽部・融雪剤散布スタート

 【名寄】名寄白樺カントリー倶楽部(木賀義晴社長)では、十七日からゴルフ場コースと練習場の融雪剤散布をスタート。現在の積雪量は平年、また昨年同期と比べても多く、その影響で融雪剤の散布開始も昨年より十日遅れとなった。作業は、コースが一日も早くオープンにこぎつけられるよう、好天を祈りながら急ピッチで進めている。
 春に向かって徐々に日差しが強くなっていく中、作業員たちは散布機に乗り込み、融雪剤を勢いよく噴射。煙状になった融雪剤が雪原のコースに降り注ぎ、白と黒のコントラストを鮮明に浮かび上がらせている。その姿は、春の訪れを告げる風物詩ともなっている。

(写真=好天を祈りながら融雪剤を噴射する作業員)

[ 2009-03-18-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2009年

3月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
8日
9日
10日
11日
12日
13日
14日
15日
16日
17日
18日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.