地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2009年3月8


北の自然や味覚を満喫
東京なよろ会・スキーツアーに延べ215人

 【名寄】東京近郊に住む名寄出身者やゆかりのある人たちで組織する「東京なよろ会」(木原碩美会長)の名寄ピヤシリスキーツアーの最終陣が、このほど離名。今年は延べ二百十五人が訪れ、豊かな自然や味覚、スキーを楽しむなど名寄の冬を満喫した。
 今シーズンは、三泊四日と四泊五日の二種類、全十コースを設けた。名寄を訪れた参加者は雪質日本一のゲレンデを満喫したほか、スキータイムレースやピヤシリ山頂を目指すスノーモービルツアー、道立サンピラー交流館でのカーリング体験、グルメ企画「夜の名寄スラローム」といったオプション企画を楽しむなど、田舎でののんびりとしたひとときを過ごした。

[ 2009-03-08-19:00 ]


最短で30日に支給
名寄市の定額給付金・14日に申請書を一斉発送

 【名寄】名寄市は、国からの定額給付金の支給作業を進めており、十四日に給付を受けるための申請書を市内対象世帯に一斉発送する。給付金は銀行などの口座振り込みを基本としており、最も早い支給は、二十四日までに申請手続きが完了した場合、三十日に本人が指定した銀行口座に振り込まれる。また、現金による支給は、窓口の混雑を避けるため、銀行振り込みが一定程度落ち着いた後とし、四月二十日から市役所名寄庁舎一階に設置する専用窓口で行う。
 市では「現在、申請に必ず必要な身分証明書を、公共施設で無料コピーでるよう検討を進めている」と話しており、親切でわかりやすい申請手続きに努力している。

[ 2009-03-08-19:00 ]

農業青年の活動を支援
名寄市・21年度もチャレンジ事業

 【名寄】名寄市は、十九日まで農業青年チャレンジ事業の二十一年度分公募を行っている。経営感覚に優れた担い手の育成を図ることなどが目的で、二十年度は三件の事業を採択し、冬期間の低コスト作物としてのアサツキ栽培試験などが行われており、意欲的なチャレンジを呼び掛けている。
 当初予算で三百万円の事業費を計上、十九日まで補助申請を受け付けている。事業内容は同じで、新たな農産物の直売に向けたプレハブ購入やPR資材の導入、新たな施設栽培へのハウスや加温機の購入など―となっており、名寄市ではあらためて事業の周知を図っている。

[ 2009-03-08-19:00 ]

感謝の気持ち込めて
名寄西小で6年生を送る会

 【名寄】名寄西小学校(原啓子校長、児童二百五十一人)で「六年生を送る会」が六日、同校体育館で開かれた。
 十九日に同校を巣立つ卒業生三十八人を祝い、思い出づくりをする会。実行委員長の土井流星児童会長(五年)が「六年生と過ごせる時間も残りわずか。きょうのために各学年で出し物を練習してきました。六年生の思い出となるよう、どの学年も感謝の気持ちを込めて発表しましょう」とあいさつ。各学年とも器楽や歌などを披露して、お世話になったお兄さん、お姉さんへの感謝の気持ちを表現。六年生もお返しにとよさこいを披露した。

(写真=各学年が感謝の気持ちで発表した送る会)

[ 2009-03-08-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2009年

3月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
8日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.