地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2009年3月6


組織のスリム化推進
名寄市議会定例会が開会・島市長が市政執行方針

 【名寄】第一回名寄市議会定例会は六日、市役所名寄庁舎で開会。会期を二十六日までと決めた後、島多慶志市長が二十一年度の市政執行方針、藤原忠教育長が教育行政執行方針を述べた。一般議案では、二十一年度一般会計と各種特別会計予算を名寄市議会予算審査特別委員会(岩木正文委員長)に付託。また、「特別職の職員の給与に関する条例」や「職員の勤務時間、休暇などに関する条例」の一部改正をはじめ、二十年度一般会計補正予算など二十三議案を可決した。

[ 2009-03-06-19:00 ]


来期は大幅悪化予想
北星信金・第25回景況レポートを発刊

 【名寄】北星信用金庫(田原靖久理事長)は、名寄地方の景気動向調査の結果をまとめた「第二十五回景況レポート」を発刊した。今期の管内企業の業況DI値(「好転」とした企業から「悪化」とした企業割合を差し引いた業況判断指数)はマイナス三四ポイントで、前期比で一二・七ポイント改善したが、前年同期比で三・三ポイント悪化。来期見通しは、業況、売上額、収益の各DI値は、今期と比較し大幅悪化が予想されるなど依然、厳しい状況となっている。

[ 2009-03-06-19:00 ]

木彫りと木目込み
美深の式部さん作品展

 【美深】美深町在住の式部笑子さんの作品展「木彫り、木目(きめ)込み」が、十日まで町文化会館で開かれている。
 同館開館十周年記念の町民作品展の第五弾として企画。木目込みは、人形の制作方法の一種で、胴体の木地に筋彫りを入れ、衣装となる布地を挟み込んで仕上げる。式部さんは三十年ほど前、自宅にあったひな人形を娘に譲ったことをきっかけに、木目込み人形作りをスタート。木彫りは六年前、趣味の陶芸作品を収めるために棚を作った時、木彫りの楽しさも知り、制作を続けるようになった。
 式部さんは「木彫りは、名寄のグループ展で二点出したことがあるが、美深では初めての個展。自分で床の間の掛け軸を作れたことが幸せ」と語る。

(写真=繊細な作品が並ぶ式部さんの展示)

[ 2009-03-06-19:00 ]

風の子の公演楽しむ
名寄おやこ劇場低学年例会

 【名寄】名寄おやこ劇場(鈴木みちえ運営委員長)の第百十七回低学年例会が四日、市民文化センターで開かれた。
 今回は、子供のいるとこどこへでも─を合言葉に、日本各地の幼稚園や保育園、小学校などで公演を続けている劇団風の子の「風の一座」(遊びと芝居の二部構成)を観賞。
 一部では、手をつないだり、体や顔が触れ合って生まれる遊びを披露する「イメージ遊び」と、紙や布、紙飛行機を飛ばす「とばして遊ぶ」を観賞。二部の芝居は、生きるということ、生命というものを伝える「奥山譚(おくやまばなし)」。子供たちは、初めて見る作品をじっくりと観賞しながら命の大切さを感じていた。

(写真=遊びと芝居の「風の一座」を披露した劇団風の子)

[ 2009-03-06-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2009年

3月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.