地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2009年3月3


安心の環境はぐくむ
名寄社協のネット事業・地域の支え合い広がる

 【名寄】名寄市社会福祉協議会は、地域住民が町内に住む独り暮らしの高齢者らの見守りや声掛けなどを行う「町内会・行政区ネットワーク事業」を展開しているが、同事業の取り組みは名寄、風連町地区合わせて五十八町内会・行政区に及ぶなど、地域住民による支え合いの輪が広まりを見せている。
 ネットワーク事業は一定程度の普及をみせている一方で、町内会・行政区役員や福祉部、女性部、ネットワーク推進委員、老人クラブなど、活動の中心を担っている人たち自身の高齢化が進んでいることも現実。同社協では「既存の活動がどこまで維持することができるか、今後の検討課題の一つ」としている。

[ 2009-03-03-19:00 ]


演奏や歌で盛り上がる
STAR&MUSIC・名寄で新天文台応援イベント

 【名寄】新天文台応援イベント「STAR&MUSIC」(大谷秀二実行委員長)が一日、市民会館で開かれ、新天文台の施設概要に理解を深めたほか、ジャズバンド「SOIL&“PIMP”SESSIONS」のメンバーで名寄出身のサックスプレイヤー「元晴」さんらによる演奏や歌で盛り上がった。
 「木原天文台」の継承施設となる新天文台の本体工事が、昨年十一月から道立サンピラーパーク内「星見の丘」でスタート。新たな名寄のシンボルともなる天文台完成を後押しするための企画で、イベント収益金は、天文台の設備購入資金として名寄市に寄付する計画。多くの地域住民が会場を埋め、演奏や歌で盛り上がった。

(写真=名寄に縁ある出演者の音楽を楽しんだ応援イベント)

[ 2009-03-03-19:00 ]

名寄かっぱ村再出発祝う
楽しく全国河童族の交流会・道内外から仲間集い

 【名寄】全国河童(かっぱ)族交流会が一日、風連の望湖台センターハウスで開かれた。昨年二月に再び「名寄かっぱ村」(赤石直之村長)が活動をスタートしたことから、かっぱを愛して活動する道内外のかっぱ村の仲間が集い、交流を深めた。また、交流会に先立ち午後四時からは名寄市北国博物館で、鈴木邦輝館長の講演を聞き、天塩川とチョウザメの歴史などを学んだ。
 愛知県や千葉県、東京都、道内は定山渓と札幌から合わせて三十人の各かっぱ村民が参加した。

(和やかにかっぱの話などで盛り上がった交流会)

[ 2009-03-03-19:00 ]

名寄の冬を満喫
西町3区でスノーフェス

 【名寄】名寄市西町三区町内会(完土昭二会長)のスノーフェスティバルが一日、町内のアカシヤ公園で開かれ、多くの地域住民が、アイスキャンドルが並ぶ美しい光景を楽しんだ。
 フェスティバルに向け、今年も町内会員が約二週間かけてアイスキャンドル約七百五十個を制作。滑り台やキャンドルを設置する台、イルミネーションなど会場の準備作業を進めてきた。当日は多くの地域住民が来場。子供たちが歓声を響かせながら滑り台で楽しむ様子や日が傾きアイスキャンドルに火が点されると、会場はほのかな明かりに包まれて幻想的な雰囲気。来場者は名寄の冬を満喫していた。

[ 2009-03-03-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2009年

3月

1日
2日
3日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.