地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2009年2月22


料金値上げに理解求める
風連地区保育料・名寄地区との統一スタート

 【名寄】名寄市は、風連地区の保育料を二十一年度から値上げする。名寄地区の料金に合わせるものだが、現在の両地区保育料には大きな差があるため、二十一年度から七年かけて段階的に統一する。市の保育料金は国の基準をベースに、所得に応じて十階層に分けられており、二十一年度については三歳児未満の加算額が四百円から九千五百円、三歳児以上は五百円から四千百円の上げ幅となっている。合併に伴う両地区保育料の統一であり、市では風連地区住民に理解を求めている。

[ 2009-02-22-19:00 ]


町内で瓶詰め販売開始
下川小麦の地ビール「萌芽」

 【下川】下川産小麦、ハルユタカを原料とした地ビール「萌芽」の瓶詰め製品がこのほど完成し、町内の店三カ所(横山商店、西村商店、すえたけ商店)で販売されている。
 「萌芽」は、下川産ハルユタカの付加価値をさらに高めようと、クラスター推進部が北はるか農協と連携、旭川市内の「大雪地ビール」に委託して試作したのが始まり。大雪地ビールで、通年生産されることになり、同社のレストランのほか、下川町内でも五味温泉などで提供されている。
 「萌芽」の瓶詰めは、一本三百三十ミリリットルで五百二十五円。年間二千本以上の販売を目標としており、クラスター推進部では「町の土産、贈答用として使ってほしい」と話している。

(写真=町内で販売を開始した瓶詰め地ビール)

[ 2009-02-22-19:00 ]

可能な期間値上げせず
名寄市学校給食・給食費の据え置きを決定

 【名寄】名寄市学校給食会(小嶋泰裕会長)の臨時総会が二十日、市民文化センターで開かれ、学校給食費は当面、現行のまま据え置くことを決めた。食材費の高騰により、全道の市町村でも軒並み学校給食費の値上げが検討されている中の給食費据え置きで、事務局の市学校給食センターでは「二十一年度の給食費は、試算で年間四百七十万円ほどが不足する見込み。運営引当金を活用して不足分を補い、可能な期間、給食費の値上げを抑える形」と説明している。

[ 2009-02-22-19:00 ]

オレイン酸含有量多
名寄市立大学道北地域研究所・ひまわり畑で油試作

 【名寄】名寄市立大学道北地域研究所(所長・三島徳三副学長)は、名寄の夏を象徴する「ひまわり畑」から採取した種を活用して食用ヒマワリ油を試作。ヒマワリ油は動脈硬化などを引き起こす悪玉コレステロールの減少作用などを持つオレイン酸を多く含んでいるのが特徴。また、搾油後の絞りかすは作物肥料にも活用できるとのことで、同研究所では「ヒマワリは地域資源として有効。とても価値のあるもの」と語る。
 この食用ヒマワリ油は、満開のひまわりの写真をラベルにし、一本二百七十グラムに瓶詰め。北星信金や道北なよろ農協など関係者に配布したが、実際に使用した同研究所職員は「安い油と比べて焦げ付きにくいかもしれない。また、香りは搾油中の香りと同じく香ばしい」と語る。

(写真=名寄で収穫したひまわりの種から抽出した食用油)

[ 2009-02-22-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2009年

2月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
9日
10日
12日
13日
14日
15日
16日
17日
18日
19日
20日
21日
22日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.