地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2009年2月18


病院改革プラン示す
名寄市議会民生常任委・22年度以降の経常収支黒字

 【名寄】名寄市議会民生常任委員会(渡辺正尚委員長)は十八日、市役所名寄庁舎で開かれ、市が国の義務付けによって策定した「名寄市立総合病院改革プラン案」を示した。単年度赤字が続く同病院のプラン案では、疾病内容で診療報酬を決める診断群分類別包括評価(DPC)の導入や、二十二年度をめどとしたICU病棟の本格稼動などによって医業収益を大幅に伸ばすことで、二十二年度以降の経常収支を黒字とし、厳しい経営状況の改善を図る内容となっている。

[ 2009-02-18-19:00 ]


講演や保健師相談など
ちえぶん健康まつり・多くの地域住民が関心深め

 【名寄】智恵文地区健康管理推進協議会(川辺義幸会長)主催の第二十五回ちえぶん健康まつりが十七日、智恵文多目的研修センターで開かれ、多くの地域住民が日ごろの健康管理の大切さに理解を深めた。
 同まつりは、講演や健康チェックなどを通じ、自らの健康への関心を高めことが狙い。実行委員会を組織し、毎年、農閑期のこの時期に開催している。地域住民約六十人が参加。開会式の後、名寄市地域包括支援センターの佐久間こずえ保健師が、「みんなで実践!介護予防〜活動的な八十五歳を目指して〜」をテーマに講演。このほか会場では、市保健師による血圧や骨密度の測定、健康相談などが行われ、参加者は仲間との会話を楽しみながら、健康への関心を深めていた。

(写真=日ごろの健康管理の大切さを新たにした健康まつり)

[ 2009-02-18-19:00 ]

今年の練習スタート
上名寄郷土芸能保存会で

 【下川】上名寄郷土芸能保存会(黒川仁一会長)の今年の練習が十六日、上名寄、下川町農村活性化センター「おうる」でスタートした。
 上名寄郷土芸能は、明治三十四年に岐阜県群上郡高鷲村(現・郡上市)から上名寄地区に入植した人たちが、開拓の苦労の中、故郷を思いながら踊り伝えてきたもので、富山県が発祥とされる「麦や節」「小大尽」と、岐阜県発祥の盆踊り「群上節」があり、町の無形文化財にも指定されている。
 練習初日は九人が参加。さっそくすげ笠を持って歌に合わせながらキビキビと踊っていた。黒川会長は「二十三、二十四日も午後一時半から練習を行います。ぜひだれでも気軽に見に来て参加してください」と呼び掛けている。

(写真=笠を持って、郷土芸能の練習に汗を流す参加者たち)

[ 2009-02-18-19:00 ]

清掃作業通して交流
下多寄小5,6年が特養で

 【名寄】名寄下多寄小学校の五、六年生がは十六日、風連特別養護老人ホーム「しらかばハイツ」を訪れ、テーブルの清掃作業などで、入所者と触れ合った。
 「地域とのつながりを広げよう」という家庭科の郊外学習の一環で、お年よりとの交流を深めたい―という子供たちの希望で「しらかばハイツ」の訪問となった。
 五年生五人と六年生六人の合わせて十一人が、午前十時半に「しらかばハイツ」を訪れ、職員の指導で、消毒した布を使いホール内のテーブルなどをふいて回った。作業の途中では、入所者から「ありがとう」と声を掛けられるなど、楽しく交流する場面も。

(写真=しらかばハイツでテーブルをふく下多寄小5、6年生)

[ 2009-02-18-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2009年

2月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
9日
10日
12日
13日
14日
15日
16日
17日
18日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.