地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2009年2月5


野菜類の総体的安値が影響
なよろ農協青果部20年度見込み・計画比で1億5200万円の減額

 【名寄】道北なよろ農協青果部の二十年度取り扱い見込みがまとまった。総体の取扱高は二十四億一千五百万円で、計画の二十五億六千七百万円をわずかに下回ったものの、十九年度実績を一億六千百万円上回る数字となっている。計画を若干下回った主な要因では、主力作物となっているカボチャの減収をはじめ、野菜類の価格が総体的に安値で推移したことなどが影響したと分析している。

[ 2009-02-05-19:00 ]


総額は約4億8千万円
名寄市への定額給付金・市民課長チーフに作業準備

 【名寄】名寄市は、定額給付金の作業に向け、担当課を決めた。生活福祉部の市民課とし、課長をチーフに、他の部からも職員が協力するほか、臨時職員も新たに雇用し、三月中旬ごろから申請書の郵送作業を始める計画。名寄市の概算によると、名寄市の定額給付金総額は約四億八千万円で、この給付作業にかかる経費は、すべて国から交付されるが、約千五百万円とみている。
 定額給付金は、本年度の国の第二次補正予算に盛り込まれ、総額は二兆円。国民一人当たり一万二千円が給付されるが、十八歳以下と六十五歳以上については、八千円が追加されて二万円。

[ 2009-02-05-19:00 ]

幻想的な光で照らす
名寄市西12区・アイスキャンドルが点灯

 【名寄】名寄市西十二区町内会(梅野博会長)は、三日からアイスキャンドルで町内会を彩る「親せつ週間」をスタート。真っ暗な夜道を幻想的な光で照らし、市民の目を楽しませている。
 同町内会では、十年以上前から会員が独自に、アイスキャンドル制作を続けてきたが、平成十九年からは「みんなで親雪 みんなに親切」を合言葉とした町内会全体の冬季イベントへ発展。町内会全体のアイスキャンドル数は、百五十個以上。透明な氷の中で揺れるろうそくの明かりだけではなく、電飾をつけるなどの工夫をする家庭も。梅野会長は「親せつ週間は三年目。見るだけではなく、アイスキャンドル制作も楽しんでいて、うれしい」とイベントの成功に笑顔。

(写真=アイスキャンドルや雪像が並ぶ西1北2の林さん宅前)

[ 2009-02-05-19:00 ]

もっと町を知りたい
下川小2年が五味温泉見学

 【下川】下川小学校二年生二十人が三日、町内の五味温泉を訪れ、同館内を見学した。
 生活科「もっと町を知りたいね」学習の一環。働いている人の客のもてなし工夫などを学び職業観を持ち、今後の社会勉強につなげていくことが狙い。児童らは「自分たちの知らないところで、どんな仕事をしているのか知りたい」と心待ちにしていた。
 児童らは二列に並んで、五味温泉の西屋美津子副支配人に案内されながら、厨房、ボイラー室、二階の宿泊部屋などを見学。レストランでは、下川産FSC認証材のテーブルやいす、ペレットストーブにも興味津々の様子。また外から見える自然にも、感動したようだ。

(写真=五味温泉の館内を興味津々で見学する児童ら)

[ 2009-02-05-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2009年

2月

1日
2日
3日
4日
5日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.