地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2009年1月24


最終判断は2月に先送り
JR名寄駅横の土地活用問題・地元の計画案はいつ?

 【名寄】JR名寄駅横の市有地活用議論で揺れ動いているのが、名寄地区の中心市街地活性化問題。名寄商工会議所の温浴施設・住宅建設案とコープさっぽろの出店案で議論される中、西條百貨店による商業施設建設の独自案が加わったため、現在、同会議所が中心となり、従来の温浴施設案と西條の新たな独自案のどちらを地元の中心市街地活性化計画案に位置付けるか―検討されている。市は、同会議所から正式な地元計画案を確認した上で一定の方向性を出し、再度、市議会に説明して議員からの意見を参考に判断する考えで、最終的な結論は二月上旬になるとの見方が強まっている。

[ 2009-01-24-19:00 ]


有効利用など考え
名寄・パークサポート倶楽部運営委

 【名寄】名寄地区日進の「なよろ健康の森」「道立トムテ文化の森」「道立サンピラーパーク」の各公園施設を地域住民の手で育てることを目的とした「パークサポート倶楽部」(寺島勝之会長)運営委員会が二十二日、サンピラー交流館で開かれた。
 同倶楽部は昨年七月発足。地域住民に長く愛される魅力ある公園づくりに取り組むことを目的に、市民有志三十人で組織。
 二十一年度活動として、会員による技術指導やアドバイスなど公園利用者のサポート、指定管理者と協働のイベント開催などに引き続き努めるほか、利用者ニーズと専門的な視点から公園づくりにかかわる意見、提言を行うことなどを確認した。

[ 2009-01-24-19:00 ]

特性理解し安全運転
名寄自動車学校で冬道講習

 【名寄】冬期間を無事故で─。名寄自動車学校(和田敏明管理者)主催の冬道の特性を学ぶ講習会「冬道講習」が二十二日、同学校で開かれた。
 入校中の高校生ら四十五人が受講。交通安全講話の講師は、名寄警察署の新名康宏交通係長。夏道と冬道での制動距離の違いなどを説明した上で「危ないと思ってブレーキを踏んでも、冬道では間に合わない。速度を落としているから安全というわけではなく、運転するときに危険予測を常に持ってほしい」と呼び掛けるとともに「免許を取得したから、みんなと同じ運転ができるのではなく、一日一日の貴重な経験が安全運転につながる」と強調した。引き続き、教習コース内で技能講習。危険回避やカーブ走行などでABS特性を実際に体感。危険が多い冬道の特性を理解しながら安全運転を誓った。

(写真=冬道の危険性などを説明した新名係長)

[ 2009-01-24-19:00 ]

紙芝居の上演など
下川商高3年の園児と交流

 【下川】下川商業高校三年生三十二人が二十三日、町幼児センター「こどものもり」を訪れて、紙芝居を行うなど、園児らと交流を深めた。
 同校三年の家庭科授業の一環「幼児との交流学習」として実施。園児たちも高校生らが来る前から楽しみにしており、大はしゃぎで歓迎。高校生らも園児らのかわいい姿に、笑みがこぼれていた。
 さっそく高校生らが、手作りの大きな紙芝居「ふくはうち、おにはうち」を上演。園児らも静かに夢中になって聞いていた。この後、一緒に遊んで交流。お互い緊張気味だったが、すぐに打ち解けて楽しんでいた。

(写真=幼児セン園児らに手作り紙芝居を上演した生徒たち)

[ 2009-01-24-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2009年

1月

1日
4日
5日
6日
7日
8日
9日
10日
11日
13日
14日
15日
16日
17日
18日
19日
20日
21日
22日
23日
24日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.