地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2008年12月20


新年度予算財務原案で1億円
下川サンルダム・本体工事に初予算

 【下川】平成二十一年度北海道開発予算の財務省原案が二十日内示され、下川町内で計画が進む天塩川水系のサンルダムに、「漁業者の了解を得る」という条件付きながら、初めて本体着工予算一億円が付いた。サンルダム関連予算は総額十九億九千八百万円。上京中の安斎保町長は、「サンルダムは流域に住む者に長年の悲願。来年度予算に本体着工予算が盛り込まれたことは、喜ばしい限り。地域の重要な産業である農業、漁業に十分配慮し、一日も早い本体着工、早期完成を期待する」とコメントした。

[ 2008-12-20-19:00 ]


活動の後押しと感謝
IS日本財団社会ボラ賞・長谷川さんが受賞報告

 【名寄】地域活動支援センター「陽だまり」所長の長谷川まゆみさんが、財団法人ソロプチミスト日本財団の社会ボランティア賞を受賞。十九日に推薦団体の国際ソロプチミスト名寄(斉藤弘美会長)のメンバーと市役所名寄庁舎を訪れ、中尾裕二副市長に受賞報告を行った。
 長谷川さんは、「陽だまり」所長、名寄東小学校コミュニティセンター事務局長などを務め、障害を持つ人たちの社会参加促進や地域の世代間交流推進などの活動に取り組んでいる。
 受賞した長谷川さんをはじめ、斉藤会長、高橋良子ソロプチミスト日本財団委員会委員長らが名寄庁舎を訪問。中尾副市長がねぎらいの言葉を贈り、日ごろの活動をたたえた。

(写真=中尾副市長に受賞報告する長谷川さんら)

[ 2008-12-20-19:00 ]

町の農業基盤充実を
下川農委が町に建議書提出

 【下川】下川町農業委員会の三好喜代丸会長は十九日に役場を訪れ、安斉保町長に二十一年度の下川町農業振興に関する建議書を手渡した。
 三好会長は「町内では、酪農に生産調整の影響が依然と残り、頭数回復が進まず出荷乳量への影響が続いている。輸入飼料の価格高騰が追い打ちをかけ厳しい状況。畑作は、小麦初冬まきやフルーツトマトなど振興作物の成果が現れ期待が高まっている」と説明。
 「町の農業基盤を充実させ、豊かな農村を築くために要望します」と述べ、建議書の中身について説明。安斉町長は「町としてできることを、一つでも多く形にしていきたい」と答えた。

(写真=安斎町長に建議書を手渡す三好農業委員会長)

[ 2008-12-20-19:00 ]

運動の楽しさ伝える
エアリアル逸見さん・美深小で体育授業

 【美深】フリースタイルスキー・エアリアルの指導で美深に滞在している逸見佳代さんが十九日、美深小学校(中島壽行校長)を訪問。五年生四十六人と体育の授業を通して、運動の楽しさなどを伝えた。
 逸見さんは昭和五十四年六月、山梨県生まれ。平成八年にエアリアルのナショナルチーム入りし、ワールドカップや世界選手権などを転戦。十八年のワールドカップで自己最高の八位となり、トリノオリンピックに出場。引退後は毎冬、美深に滞在。エアリアル指導員として、競技の普及に務めている。
 この日は、五年生の体育「マット運動」で、基礎の前転や後転に加え、開脚や倒立も組み込んだ技を指導。児童は逸見さんの模範演技に注目、逸見さんの手を借りて高度な技にチャレンジしていた。

(写真=逸見さんの手を借り高度な技に挑戦する5年生たち)

[ 2008-12-20-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2008年

12月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
8日
9日
10日
11日
12日
13日
15日
16日
17日
18日
19日
20日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.