地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2008年12月19


風連は高齢農家が申請
名寄市農委農地あっせん・9月以降で名寄地区は1件

 【名寄】名寄市農業委員会が扱った農地あっせん件数は、本年度に入り九月以降、十二月十七日までで十九件となっている。うち、十八件が風連地区。これまでの傾向同様に、後継者のいない高齢農家が、離農などを理由に農地を売りに出している。売買の対象となったのはすべて水田で、十アール当たり三十万円を切り、風連地区では前年度を若干下回る価格となっている。
 農業委員会による農地のあっせんには、農地の流動化を図る目的も含まれている。十九年度のあっせん件数をみると、名寄地区十五件、風連地区二十八件の合わせて四十三件。本年度は十九年度対比で減少している。特に、名寄地区は九月以降でわずかに一件の申請にとどまり、年明け後もあっせん申請が予想されるのは、多くても二件程度という数字。

[ 2008-12-19-19:00 ]


35人、満員の傍聴席
下川・町議会に中学生ら招く

 【下川】下川中学校(森雅則校長)三年生十八人と下川更生保護女性会(高原陽子会長)十四人が、十七日に開かれた下川町議会を傍聴した。
 議会運営委員会(羽鳥一彦委員長)で、最近、議会傍聴者が非常に少ないことから、議場の空気を変える試みとして、地元の子供たちを議会に招待することを決めた。
 下川中学校でも、三年生の社会科公民的分野の中で地方自治の学習があり、じかに学べる機会を与えたい―と議会運営委員会からの招きを受けて傍聴を決めた。また更生保護女性会なども参加し、傍聴席は、一般席三十二席に対し三十五人の満員となった。
 中学生徒らは、議会事務局が生徒用に編集、配布した町議会のわかりやすい資料を参考にして熱心に傍聴していた。

(写真=下川町議会を傍聴した下川中3年生と更生保護女性会)

[ 2008-12-19-19:00 ]

限定でプレゼントも
なよろ地域商品券・きょうから販売スタート

 【名寄】名寄商工会議所、風連商工会の連携企画である「なよろ地域商品券」(一セット一万円で一万千円分の商品券)が、二十日から販売が開始される。さらに、クリスマスプレゼントとして、発売開始から今月二十五日までに商品券を購入した人の中に、一万円分から千円分の商品券が当たるプレゼント企画も用意され、クリスマスから歳末商戦盛り上がりへの起爆剤として期待が高まっている。
 なよろ全市連合大売り出し実行委員会(菅井静夫委員長)の主催で実施。一枚五百円の商品券二十二枚が一セットで、価格は一万円。一〇%に相当する千円分のプレミアム付き。一人十セットまで購入でき、千五百セットを限定発売する計画。商品券の利用期間は、販売開始の十二月二十日から来年五月三十一日までとしている。

[ 2008-12-19-19:00 ]

火災予防に目を光らせ
名寄消防署で立ち入り検査

 【名寄】歳末特別警戒(十五日〜三十一日)期間中の十七日、名寄消防署(野田利和署長)による立ち入り検査が市内量販店で行われ、火災予防に目を光らせた。
 百貨店やスーパーマーケットといった、不特定多数の人が出入りする政令対象物を対象とした立ち入り検査。同消防署では十一月から、市内十一施設を対象に行っている。
 この日は、午前十時に同消防職員四人が「ラルズマート名寄店」を訪問。店舗内を巡回し、避難路の確保や消火器・屋内消火栓といった消防設備の設置、火気管理状況などを詳しくチェックした。

(写真=避難路の確保などをチェックした立ち入り検査)

[ 2008-12-19-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2008年

12月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
8日
9日
10日
11日
12日
13日
15日
16日
17日
18日
19日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.