地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2008年12月15


発生は前年の約2倍
名寄消防署・火災予防に注意呼び掛け

 【名寄】名寄消防署によると、二十年の火災件数はこれまでに十五件(十二日現在)発生しており、前年のほぼ二倍。十一月、十二月にかけて高齢者が亡くなる一般住宅火災が二件発生していることから、同消防署では火災予防に一層の注意を呼び掛けている。
 同署によると、十五件の火災は、すべて名寄地区で発生。内訳は建物火災十二件、車両火災二件、そのほか一件(自動販売機)。
 十一月、十二月には連続して高齢者三人が犠牲となる一般住宅火災が発生。同署によると、火災による死者が三人以上となった年は平成十八年(三人)以来で、それ以前では昭和五十年(四人)にまでさかのぼる。同署は、「死亡火災のおよそ半数は逃げ遅れによるもの。火災にいち早く気付き、避難することが大切」と指摘する。

[ 2008-12-15-19:00 ]


国内開幕戦2連勝
吉田杯ジャンプ・渡瀬、作山、岡部が制す

 【名寄】全日本スキー連盟A級公認「第二十四回吉田杯ジャンプ大会」が十四日、ピヤシリシャンツェ(HS100メートル)で開かれ、華麗なアーチ合戦を繰り広げた。
 女子組は渡瀬あゆみ(神戸クリニック)、少年組は作山憲斗選手(中野実業高校)、成年組は岡部孝信(雪印乳業)が優勝。三選手とも前日の名寄ピヤシリジャンプ大会に続いて表彰台の真ん中。冬季ジャンプ国内開幕二連戦を制した。

(写真=成年組優勝の岡部選手(中央))

[ 2008-12-15-19:00 ]

入所者ともちつき交流
名寄JCが清峰園を慰問

 【名寄】名寄青年会議所(加藤剛士理事長)の第三十四回特別養護老人ホーム清峰園もちつき慰問が十三日、同園で行われた。
 入所者と会員の交流を深めるもちつきは、同会議所が二十キロのもち米ときね、うすを用意。道北なよろ農協の名寄と智恵文両地区女性組合員(介護ヘルパー三級以上の資格取得者)で組織している、ボランティアサークル「虹の会」の協力を得て、入所者や同会議所会員の家族らが「よいしょ」の掛け声でもちをついて楽しんだ。つきたてのもちは雑煮やあんこもちにして食べ、交流を深めた。

(写真=一緒にもちをついて楽しんだ名寄JCの清峰園慰問)

[ 2008-12-15-19:00 ]

国や海外先進地が視察
下川で環境都市エコツアー

 【下川】国は、全国の環境モデル都市六都市でエコツアーを開催。そのうち下川町でのエコツアーが十二日、役場集合で開かれた。
 十四日に福岡県北九州市で、国や環境モデル都市、候補都市などが出席し、低炭素都市推進協議会を設立。海外の環境都市を交えて環境モデル都市国際セミナーを開催した。同エコツアーは、国際セミナーにおいて、国内外の有識者が、環境モデル都市の取り組みに対し、有益なアドバイスができるように―と現地視察として行ったもの。
 エコツアーに参加したのは、スウェーデン・マルメ市のカリーナ・ニルソン副市長(環境局長)、石田東生筑波大学教授、内閣官房など通訳も含め七人。バスで町有林を視察した後、下川町森林組合の北町工場を訪れ、実際にトドマツオイルを抽出するまでを体験した。

(写真=トドマツオイル抽出体験などを行ったエコツアー)

[ 2008-12-15-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2008年

12月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
8日
9日
10日
11日
12日
13日
15日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.