地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2008年12月12


病院運営の自主性高める
名寄市議会一般質問・公営企業法全部適用視野に

 【名寄】第四回名寄市議会定例会は十一日、岩木正文議員(市政クラブ)、高見勉議員(市民連合)、渡辺正尚議員(まちづくり)、佐々木寿議員(市政クラブ)、黒井徹議員(市政クラブ)が一般質問を行った。高見議員の名寄市立総合病院経営形態見直しの質問に、内海博司病院事務部長は「指定管理や民間移譲などの方法もあるが、公営企業法の全部適用を視野に、二十三年度をめどとして検討していく」と答え、人事権や職員給与の決定など自主性を高めることも視野に入れた病院運営の考えを示した。

[ 2008-12-12-19:00 ]


滞在費無料で3プラン
下川で冬のモニターツアー

 【下川】下川町商工会が、冬の下川町に無料で滞在できるモニターツアーを計画。十日から参加者の募集を開始した。アイスキャンドル発祥の地となっている冬の下川を体験してもらおうと、無料で町に滞在できる三つのプランを用意した。
 プラン1は「しもかわアイスキャンドルミュージアム&イベントボランティア体験プラン」。来年の二月二十一、二十二日の一泊二日で食事付き。同イベント運営の手伝いをしながら参加するツアー。プラン2は「同体験プラスαプラン」。プラン1に前後一日ずつ加え、スノーシュートレッキング体験や温泉入浴を取り込んだもので、二月二十日から二十三日までの三泊四日。プラン3は「北緯四十四度下川町滞在と『ちょこっと体験』プラン」。来年一月三十日から二月二十二日の期間で、好きな日に二泊三日で滞在できる。宿泊料金は無料だが、食事は自己負担。申し込みは、希望日の十日前までに、NPO法人森の生活(電話01655-4-2606、FAX020-4663-3671)まで。

[ 2008-12-12-19:00 ]

地域で就農を祝う
美深の近野さん歓迎会

 【美深】美深町報徳地区で酪農家として新規就農した近野剛さんと、経営継承先の森口時雄さんの歓送迎会が十日、びふか温泉で開かれた。
 近野さんは、恩根内地区周辺の後継者がいない酪農家で組織する「R&Rおんねない」(細川進会長、会員十戸)の支援で、十八年四月から会員農家で順次実習。今年十月末に森口さんの牧場経営を継承した。
 歓送迎会は、報徳地区が企画。地域住民やR&R会員、農業関係者ら三十一人が出席。 近野剛さんは「R&Rおんねない、地域の皆さん、北海道に移り住むことを許してくれた両親に感謝している。二人で力を合わせながら酪農経営を頑張るとともに、ご指導をお願いしたい」。妻の真奈美さんは「経営を引き継ぎ一カ月が過ぎた。子供が二人おり、子育てもある中、家族みんなで幸せに過ごしたい」と決意を述べた。

(写真=関係者が見守る中、決意を述べる近野さん夫妻)

[ 2008-12-12-19:00 ]

完成作品に満足気
風連児童クラブで正月飾り作り

 【名寄】風連町児童クラブ恒例の「お正月飾り作り」が十一、十二の両日、風連児童会館で行われ、かわいらしい「つるし飾り」を完成させた。
 小学生五十四人が申し込み。毎年、児童クラブ指導員がオリジナル飾りを考え出しており、今年は正月にちなんだものを飾った「つるし飾り」。
 指導員が切り分けた色紙を、のりや両面テープで張り付けて小さな「たこ」や「こま」「羽子板」「鏡もち」などを制作。ひもに取り付けて完成だが、子供たちは息を吹きかけて飾りを揺らして楽しむなど、満足気な表情を見せていた。

(写真=一生懸命、正月飾り作りに励む子供たち)

[ 2008-12-12-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2008年

12月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
8日
9日
10日
11日
12日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.