地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2008年11月19


年齢引き上げ所得枠設置
名寄地区の除雪サービス・制度改正で体制に不安

 【名寄】名寄市は今シーズンから、名寄地区で実施している除雪サービスの対象年齢を六十五歳から七十歳に引き上げるとともに、所得制限枠を設ける。年齢、所得ともに五年間の激変緩和措置を設け、五年後の利用状況を十九年度(助成券配布世帯四百四十七戸)の約半分と予想していたが、今シーズンの申請該当者は、十七日現在で昨シーズンの半分以下となる百八十人。制度改正一年目から五年後の該当者予想数を大幅に下回る形となったが、市では「福祉事業という観点から理解してもらいたい」と協力を呼び掛けている。

[ 2008-11-19-19:00 ]


地球温暖化防止に貢献
美深公園望の森を育てる会・道コンクールで奨励賞

 【美深】美深公園「望の森」を育てる会(谷口正夫会長)は、「ほっかいどう地球温暖化防止貢献の森林づくりコンクール」のボランティア団体の部で奨励賞を受賞。その贈呈式が十八日に町役場で行われた。
 「望の森」を育てる会は、昭和六十二年八月の設立。町民の憩いの場として親しまれる自然環境の維持、動植物の保護と育成、自然資源を活用した公園施設の利用拡大で植樹、枝打ち、園内の清掃、山火事注意の看板設置と警戒などを行っている。
 谷口会長は「この森を後世にしっかりと残していきたい。そのためには町民が一丸となり、将来にわたって森を育てていくことが大事」と受賞の喜びとともに、永続的な森づくりに向け気持ちを新たにした。

(写真=町民一丸で森を育てよう―と語る谷口会長)

[ 2008-11-19-19:00 ]

連携で早期発見、対応
名寄市高齢者虐待防止ネット・関係17機関で設立会議

 【名寄】地域連携で高齢者虐待の早期発見などにつなげる「名寄市高齢者虐待防止ネットワーク会議」の設立会議が十八日、市役所名寄庁舎で開かれた。出席した各関係機関の代表者は、高齢者虐待の現状に理解を深めるとともに、より安心して暮らせる地域づくりへ支援の輪を強めることを誓っていた。
 同会議設立は「高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律」(十八年四月施行)に基づくもの。市地域包括支援センターが相談窓口となり、関係機関のネットワークによる支援と実務者による検討会議などを通じ、高齢者虐待の早期発見・早期対応への取り組みを展開する。

[ 2008-11-19-19:00 ]

民俗芸能を披露
名寄・函館のこぶし座が公演

 【名寄】民族歌舞団「こぶし座」の名寄公演が十七日、市民会館で開かれ、全国各地の民俗芸能などを披露した。
 「こぶし座」は、函館市に本部を置く特定非営利活動(NPO)法人。昭和四十年の創立以来、全道各地で公演し、歌や踊りなどさまざまな伝統芸能を継承、発展させる活動を展開している。
 名寄公演は、同実行委員会(大坂祐二委員長)の主催。伝統芸能を鑑賞することで生活に根差した伝統文化への関心、郷土愛を育て、地域住民の交流を図ることなどが目的で、四年ぶり五回目の上演。訪れた人は、あらためて日本の良き伝統芸能を見直していた。

(写真=伝統芸能を継承する活動を展開している「こぶし座」)

[ 2008-11-19-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2008年

11月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
8日
10日
11日
12日
13日
14日
15日
16日
17日
18日
19日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.