地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2008年11月6


商店街活動参加なしが68%
名寄商工会議所・若手後継者調査がまとまる

 【名寄】今後の店の構想では、現在のままでよいが過半数以上に―。名寄商工会議所が行った若手後継者アンケート調査の結果で出た。また、「商店街活動に参加したことがあるか」との問いに対し、「ない」との回答は約七割を占めた。若手経営者は経営権を任されていない状況で、商店街活動にも参加をしていない面があるのでは―と分析しているが、今後の商店街活性化に向けて若手後継者同士らの話し合いの場を持つ必要があるとしている。

[ 2008-11-06-19:00 ]


ごみ処分場の延命最優先
名寄市議会民生常任委・手数料の統一案が結審

 【名寄】名寄市議会民生常任委員会(渡辺正尚委員長)が五日、市役所名寄庁舎で開かれた。継続の名寄、風連両地区の埋め立てごみ処分場の料金体系を統一する「廃棄物の減量及び処理に関する条例の一部改正」案を審議。処分場の延命化が最優先との観点から、全会一致で原案通り可決すべきものとした。
 両地区で異なる料金体系を統一する同条例の一部改正案は、第三回市議会定例会の付託議案。住民負担の均衡を図ることなどが目的で、二十一年度から風連地区の累進制を廃止し、名寄地区の従量制に統一するもの。これに伴い、風連地区処分場の一般搬入手数料が一回当たり四百八十四円増額となる。

[ 2008-11-06-19:00 ]

渡り初めで開通祝う
東風連の智烈布橋・風連最古の永久橋架け替え

 【名寄】平成十七年七月の「橋りょう架換工事」の事業着手から約三年にわたる歳月を掛けて完成した新「智烈布橋」=風連町東風連=の開通式が六日、同橋で行われた。
 旧橋は、国道橋として昭和二十七年八月一日供用開始の風連地区最古の永久橋。経年によるコンクリート劣化だけではなく、減速しなくては大型車のすれ違いが困難なため、幅員拡張で安全な交通を確保するとともに、名寄市街地へのアクセス強化を目的に、十七年度から事業に着手。
 開通式には、関係者ら約五十人人が出席。テープカットを行った後、出席者全員で渡り初めを行い、新橋の完成を祝った。なお、全面供用開始は十二月中旬ごろの予定。

(写真=新智烈布橋の開通を祝って渡り初めを行う関係者)

[ 2008-11-06-19:00 ]

鮮やかなシンフォニー
下川降雪の日のツルウメモドキ

 【下川】町内の家庭花壇などで、ツルウメモドキが赤い実を付けている。真冬を思わせる降雪があった四日は、赤と白のコントラストが鮮やか。
 ツルウメモドキの実は、秋が深まると外側の黄色い殻が割れ、中から真っ赤な丸い種子が顔をのぞかせる。黄色い殻と赤い実のコントラストもきれいだが、初雪の季節、それに純白の雪が加わって、さらにイメージを一新する。
 この赤い実は、野鳥の大好物だ。ヒヨドリ、ツグミなどの渡りの時期が来ると、一日で殻だけになってしまう。見ごろはこの時期限定というところだ。

(写真=赤と白のコントラストがきれいなツルウメモドキ)

[ 2008-11-06-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2008年

11月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.