地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2008年11月1


地域住民集う施設に定着
道立サンピラーパーク・夏季利用は前年より15000人増

 【名寄】道立サンピラーパークを管理する名寄振興公社は、二十年度夏季(四月二十六日〜九月二十一日)の施設利用者数をまとめた。ふるさと交流館内の多目的ホールは、卓球、バドミントンなどの軽運動や子供用の遊具を設置し無料開放したほか、人気の屋外遊具「ふわふわドーム」など、親子を中心に多くの地域住民が集う施設として定着。前年同期より約一万五千人多い、延べ八万六千三百三十七人が来園した。
 夏仕様が終了したふるさと交流館内の多目的ホールは、十一月一日からカーリングホールに衣替え。年間を通じて活用できる施設として、今冬も多くの来園者でにぎわいが予想される。

[ 2008-11-01-19:00 ]


フルーツトマトを生産拡大
JA北はるかが下川に重点投入

 【下川・美深】JA北はるか(中瀬省組合長)が実施主体となる農水省の補助事業、二十年度産地生産拡大プロジェクト支援事業北はるか農協下川支所フルーツトマト選別予冷施設新設工事の各種入札が、このほど同農協で行われた。
 フルーツトマト専用共同ハウス二十棟などを含めた落札価格総額は、約二億七千万円。これとは別に下川町単独で同じ補助事業を導入、一億二千五百万円を投じたフルーツトマト専用の共同育苗施設建設が、旧上名寄小学校グラウンドで進行中。育苗から栽培、収穫、選別、出荷までが一元化され、品質管理が向上。安心安全の「下川ブランドフルーツトマト」の生産拡大へ、大きな弾みとなりそう。

[ 2008-11-01-19:00 ]

支援の輪拡大を訴え
石破農水大臣が名寄で演説

 【名寄】石破茂農林水産大臣は一日、名寄を訪れ、来るべき衆議院総選挙で、北海道第六区から出馬を予定している、自民党現職の今津寛衆議院議員の必勝を期し、街頭演説で支援を呼び掛けた。
 街頭演説は市内西四南七の西條百貨店駐車場前で行われた。今津代議士は、市民約八百人の前でマイクを握り支持を訴えた。駆け付けた石破大臣は、「農業は日本に残された成長産業の一つと考えている。北海道のようにやる気のある地域を、一生懸命に後押しする農林水産業に変えていく」と述べるとともに、今津代議士への支援の輪拡大を呼び掛けた。

(写真=今津代議士への支援を呼び掛けた石破農水大臣)

[ 2008-11-01-19:00 ]

地域医療に貢献を
なよろ眼科・19日開院に向け準備

 【名寄】名寄市大通南七の「なよろ眼科」(井上玲院長)では、十九日の開院に向け準備を進めている。井上院長は「旭川以北は眼科医療過疎の著しい地域。地域に密着した患者本位の医療を実践し、地域医療に貢献していきたい」と話している。
 なよろ眼科の建物は、鉄筋コンクリート構造二階建て。診察室や検査室、手術室などを備える一階は約三百三十平方メートル。院長室、スタッフルームなどの二階は約六十六平方メートル。
 井上院長は「市立総合病院などとの連携を図りながら、地域の人たちが気軽に安心して受診できるクリニックを目指したい」と、地域医療の充実へ決意を語る。

(写真=19日に開院予定のなよろ眼科)

[ 2008-11-01-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2008年

11月

1日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.