地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2008年10月19


より親しまれる施設へ
道立トムテ開園から10年・憩いの場として定着

 【名寄】名寄市日進の「道立トムテ文化の森」(指定管理者・名寄振興公社)は、開園から十年が経過。年間で一万二千人前後の来園があり、地域住民の憩いの場として定着している。同公社は「トムテ文化の森、健康の森、サンピラーパーク、ピヤシリスキー場など各施設の連携を図りながら、より多くの地域住民に親しまれる施設運営に努めていきたい」と話している。

[ 2008-10-19-19:00 ]


大きく育って帰宅
下川サンル牧場で退牧作業

 【下川】町営サンル牧場の退牧作業が十七日、同牧場パドックで行われた。同牧場は約三百五十ヘクタールの町営牧場。今年は昨年より十日早い五月十五日から放牧を開始。前年より百頭増の約四百頭の乳牛が放牧されていた。町内酪農家から三百四十頭、名寄市内から六十頭。放牧中に人工授精が行われるなど、酪農家の省力化に大きな役割を果たした。
 退牧作業は町職員十人のほか、酪農家、北はるか農協下川支所職員らが出動。パドックに集められた乳牛は、耳に取り付けられた認識番号で地域別に分けられた後、次々に大型トラックへ。この日は町内酪農家の牛二百二十五頭を対象に行われ、名寄市内の牛の退牧は、二十一日に行われる。

(写真=半年の放牧生活を終え牧場から引き揚げる乳牛)

[ 2008-10-19-19:00 ]

料理コンやフォトコン
名寄農業高の収穫感謝祭

 【名寄】名寄農業高校(八木啓充校長)の収穫感謝祭が十七日開かれた。
 開会式では、武藤笑子農業クラブ会長が「各クラスともけがのないよう、おいしいもち料理を作ってください。そして、感謝の気持ちでいただきましょう」。八木校長が「臼ときねでもちをつくことも、せいろ使ってもち米を蒸すことも、今では貴重な体験。このことを意識してください」とあいさつ。八木校長と武藤会長、各学科長らがきね入れを行った。
 同十一時から同校玄関前でもちをつき、もち料理を作った。
 フォトコンテストやもち料理コンテストも合わせて実施。フォトコンでは楽しい学校生活の一瞬を捉えたものなどが出品され校内に掲示。料理コンでは各クラスアイデアいっぱいの料理に挑んだ。

(写真=臼ときねでもちをついた収穫感謝祭)

[ 2008-10-19-19:00 ]

懐かしい料理に笑み
下川あけぼの園秋の味覚会

 【下川】老人ホームあけぼの園(松野尾道雄園長)の「秋の味覚の会」が十六日、同園大ホールで開かれた。施設入所者らに季節感ある食事を提供し、懐かしさと味覚を味わってもらうために、毎年、春と秋に開催。
 食材は町内産。町の人から寄贈されたものもある。松野尾園長らが同園中庭で炭をおこし、その上に砂利を入れたコンロを置いて、中にサツマイモやジャガイモを入れて石焼き。職員らがホールにガス、鉄板などを用意し、イモ団子、おやきなども焼いて準備。入所者らは石焼イモなどを食べ、懐かしい味覚を味わうと自然と笑みがこぼれて、うれしそうな表情だった。

(写真=石焼きイモなどを味わってニッコリ顔の入所者ら)

[ 2008-10-19-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2008年

10月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
8日
9日
10日
11日
12日
14日
15日
16日
17日
18日
19日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.