地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2008年10月12


3・6ビル整備など
名寄商工会議所・プロジェクトを組織し検討

 【名寄】名寄商工会議所は、中心市街地活性化に向けたまちづくり委員会の答申を受け、現在、三つのプロジェクトを設けて、計画の具現化へ協議を進めている。答申に盛り込まれている計画には三・六ビル整備事業など大型事業も含まれており、事業実現には「まちづくり会社」の新設などの課題もあって、どう課題をクリアしていくのか、解決すべき問題も多い。
 三つのプロジェクトのうち、一つはメーン事業ともなる三・六ビル整備に向けたプロジェクト。市内西三南六に商業やコミュニティー機能などを有した施設の整備で、周辺の関係者らで協議中。

[ 2008-10-12-19:00 ]


「うれしいの一言」
一騎会会員の佐藤郁子さん・新ロマン派展で最高賞受賞

 【名寄】市内の絵画サークル「一騎会」会員、佐藤郁子さんの油彩画「ミズバショウ」(百号)が、第六十三回新ロマン派展の最高賞「新ロマン派美術協会賞」を受賞。さらに、会友にも推挙され、「うれしいの一言です」と喜びの表情だ。
 最高賞の作品名は「ミズバショウ」。「ミズバショウは、けなげに咲いています。素晴らしいミズバショウに心を打たれました」と、ミズバショウを描くことを決意。道内各所でミズバショウの写真を撮り、それぞれの良いところを頭の中で組み合わせイメージを膨らませながら描き上げたそうで、制作期間は約半年。

(写真=最高賞受賞の「ミズバショウ」の前で喜ぶ佐藤さん)

[ 2008-10-12-19:00 ]

枝打ち体験など
下川で町有林バスツアー

 【下川】町主催の町有林ふれあいバスツアーが、十日開かれた。環境モデル都市の認定を受けた町の取り組みを紹介、森づくりに理解を深めてもらうことが狙い。一般町民五十五人、下川小学校四年生二十人、下川商業高校三年生三十二人が参加。役場に集合した後、渓和森林公園へ。
 参加者らは紅葉の木々を楽しみながら、チップが敷かれた同公園内の遊歩道を散策。チッパー機の実演も見学した。アカエゾマツ林では、ノコを使って枝打ちに汗を流した。高校生らは、児童を丁寧にサポート。楽しく交流を深めながら作業を行った。

(写真=交流を深めながら枝打ちなどを楽しんだ参加者ら)

[ 2008-10-12-19:00 ]

友情育てた感想満喫
杉並と名寄の子供交流・「おもいでアルバム」発行

 【名寄】杉並区と名寄市風連子ども交流会の「おもいでアルバム」が発行された。名寄市と東京の二会場を通して笑顔で深めた友情のきずなの強いことが、多くの写真とともにつづられているアルバム。
 表紙には名寄市と杉並区で撮影した子供たちの笑顔いっぱいの集合写真などを掲載。交流事業の様子を伝える本紙のコピーや名寄市会場でのウオークラリー、スポーツ交流、旭川市の旭山動物園でのスナップ写真などが満載されている。
 さらに、参加した子供たちの感想が六つに分けた班ごとに掲載もされている。名寄市にはアルバム四十五冊が送られてきており、参加した子供らに配布された。

(写真=子供交流の様子をつづった「おもいでアルバム」)

[ 2008-10-12-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2008年

10月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
8日
9日
10日
11日
12日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.