地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2008年9月22


27日に講演と観望会
名寄天文同好会「天斗夢視」・20周年で記念イベント

 【名寄】名寄天文同好会「天斗夢視」(大谷秀二会長)の特別講演会&観望会が二十七日、道立サンピラーパークで開かれる。「天斗夢視」の設立二十周年記念行事。兵庫県立西はりま天文台公園の黒田武彦台長を講師に招いた講演会をメーンに、観望会や望遠鏡作りなどの内容で、名寄の夜空を満喫するイベントとなっている。
 当日は同パークのサンピラー交流館で、午後五時半からの小学生を対象としたミニ望遠鏡キットによる「子ども望遠鏡作り」(材料費千円)に始まり、同六時からはメーンとなる特別講演会。
 国内最大級となるレンズ口径二メートルの望遠鏡を備える兵庫県立西はりま天文台公園の黒田武彦台長が講師となり、大型望遠鏡を持つ天文台の役割―などの内容で講演する。

[ 2008-09-22-19:00 ]


地域の伝統文化披露
道民芸術祭、道北文化集会・上川北部7市町から約500人

 【美深】「二十年度上川管内道民芸術祭・第四十七回道北文化集会」が二十一日、町文化会館COM100をメーン会場に開かれ、各地域ではぐくまれている伝統文化を披露し合うなど、美深町で文化の大きな花を咲かせた。
 「親しむ・つながる・創造する〜くらしの中にいきいきと ふるさとの文化」のテーマの下、上川北部七市町の文化協会などで組織する道北文化団体協議会の会員ら約五百人が参加。
 メーン会場のC0M100では、文化ホールで芸能発表。各団体が午前と午後の二部に分かれて大正琴や舞踊、民謡、歌謡、三味線、フォークダンスなど日ごろの練習成果を披露し、会場からは大きな拍手が送られた。

(写真=各地域の伝統文化を披露した芸能発表)

[ 2008-09-22-19:00 ]

手のひらが真っ黒
風連特例区の手形事業・最終年度の1年生は35人

 【名寄】風連地区の小学一年生の協力を得て実施してきた風連特例区事業の一つ「町民広場手形作製事業」が、本年度で終了。市役所風連庁舎前の町民広場に並ぶ手形の数は、現在三百七十五人となっており、市風連地区振興課が十六、十八、十九の三日間、これまでの協力に感謝しながら各小学校を回り、最後の手形取り作業を行った。
 風連中央小一年生の手形取りは十九日に開始。墨を付けた両手を白い紙に押し当てて、手形を取る作業だったが、子供たちは手のひら全体に墨を付けて紙にぺったん。真っ黒になった手のひらに笑顔を見せるなど楽しんでいた。

(写真=両手にいっぱい墨を付けて手形を取る中央小児童)

[ 2008-09-22-19:00 ]

今年も施設を無料開放
名寄市教委「体育の日」・10月13日にフェス

 【名寄】名寄市教育委員会は、十月十三日の「体育の日」に合わせスポーツフェスティバルを開催する。スポーツセンターなど市内の体育施設を無料開放するほか、名寄ではフロアカーリングの体験コーナーと体力測定コーナーも設ける。風連ではミニバレーなど三種目の大会を開催し、市民にスポーツを楽しんでもらう計画。
 市教育委員会、名寄市体育協会、風連町体育協会、風連スポーツクラブ「ポポ」の共催で、名寄市体育指導委員が協力して開催する。

[ 2008-09-22-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2008年

9月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
8日
9日
10日
11日
12日
13日
14日
16日
17日
18日
19日
20日
21日
22日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.