地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2008年9月19


「自立のまちづくり」強調
美深町議会一般質問・道の合併要請に対し答弁

 【美深】第三回美深町議会定例会は十八日に開会。会期を二十五日まで(二十日〜二十四日は休会)とした後、五議員が一般質問に立った。今泉常夫議員と菅野勝義議員は、市町村合併新法の期限が二十二年三月に迫る中「道の合併要請の受け止め方と対応は。財政計画の推進実績を踏まえた将来性は」と自治体運営の方向性を質問。山口信夫町長は「道は、地方分権改革の中で市町村合併は有効な手段で、財政措置などをするとしているが、全道的にも、近隣でも要請を受けて、前向きに合併を検討している自治体はない。当面は自立のまちづくりの基本方針に立っている。行政改革は三年間の実績で、歳出は四億二千二百万円を削減。基金繰り入れを極力抑えて予算編成しており、財政は健全運営できていると考える」と強調した。

[ 2008-09-19-19:00 ]


給料体系見直し意見も
市立病院改革プラン策定委・収支計画案など説明

 【名寄】名寄市公立病院改革プラン策定委員会(委員長・中尾裕二副市長)は十九日、同病院で開かれた。厳しい経営状況を改善するために国がプラン策定を義務付けたもので、年度内に策定、二十一年度からスタートさせる。初会議となったこの日の委員会では、作業部会と位置付けた経営企画対策小委員会から収支計画案の説明を受け、共通認識を深めた。
 プランの主な内容は、経常収支比率を一〇〇%とするための経営指標にかかわる具体的な数値目標を設定する「経営効率化」の項目をはじめ、公立病院の統合などを検討する「再編・ネットワーク化」と、地方独立行政法人化などを検討する「経営形態の見直し」の三本柱。

[ 2008-09-19-19:00 ]

初の遠隔授業を展開
美深高校、名寄高校・キャンパス校制度の一環

 【美深・名寄】美深高校(福井利雄校長)と名寄高校(武者秀一校長)は十七日、「地域キャンパス校」制度の一環としてインターネット回線を利用した「遠隔授業」を実施。美深高校の一年生三十四人が、名寄高校の黒宮茂樹教諭から国語総合(古典)の授業を受けた。
 同制度は、センター校が小規模校の活動を支援し、教育課程の充実を図ることを目的として、道教育委員会が二十年度から導入。両校間の遠隔授業は初めてで、教室にはスクリーン、電子黒板、大型マイク、カメラなどを設置。インターネット回線を通して両校の音声や映像が伝送されるほか、電子黒板で双方が板書した内容も同時に表示される。この日は、古文の「徒然草」の授業。要点や重要語句を板書したり、生徒を指名したりするなど普段通りの学習を展開した。

(写真=1年生の国語で行われた遠隔授業)

[ 2008-09-19-19:00 ]

路外逸脱の単独事故で男性死亡

 【名寄】十八日午前十時四十五分ごろ、風連町瑞生三三八三番地付近で、風連町瑞生の無職、藤野榮三郎さん(77)運転の軽トラックが対向車線にはみ出して路外逸脱し、樹木に衝突。搬送先の市立総合病院で午後一時五十分、出血性ショックで死亡した。
 搬送時は意識があり、会話のできる状態だったが、午後に様態が急変した。現場は見通しの良い直線道路。事故原因は捜査中。

[ 2008-09-19-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2008年

9月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
8日
9日
10日
11日
12日
13日
14日
16日
17日
18日
19日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.