地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2008年9月18


「自律プラン」ほぼ予定通り
下川町議会・安斎町長が方針を答弁

 【下川】第三回下川町議会定例会が十七日、町役場議場で開かれた。会期は十九日までの三日間と決めた。初日は安斎保町長の行政報告の後、一般質問が行われた。
 一般質問で、谷一之議員は「下川町自律プランの推進状況」「自治基本条例の運用」「町内における通信基盤」「下川商業高校存亡を掛けた方針」など質問。
 安斎町長は自律プランの目標である(1)協働によるまちづくり(2)商業振興(3)財政の健全化は、「おおむね予定通り推進されており、方針転換は特にない。課題の一つ、町農産物加工研究所の民営化については慎重に進めたい。十九年度の基金残高は自律プラン財政計画の目標額十二億七百万円に対し、決算実績は十四億五千八百万円。二億五千万円程度上回った。交付税が十六年度計画当時の予想より減っていないことが要因。今後も健全財政を堅持していきたい」と答えた。

[ 2008-09-18-19:00 ]


次回から本格審議
市内PG使用料の特別委員会

 【名寄】第一回名寄市都市公園条例等の一部改正に関する審査特別委員会(中野秀敏委員長)が十七日、風連庁舎で開かれた。
 委員会では、担当職員から利用状況などの説明を受けた委員が、次回からの本格議論に向け「愛好者と利用しない市民の使用料に対する考え方の違いも認識した上で、議論しなければならない」「シーズン券の上げ幅が最高で四千円になり、住民理解を得るのは難しいのでは」などと指摘した。
 説明後、現地調査が行われ、委員たちは各施設の整備状況などを見て、今後の審議の参考としていた。

(写真=市内のPG場を現地調査した特別委員会の委員)

[ 2008-09-18-19:00 ]

豊かな実りを収穫
名寄市内淵の村岡さん・17日から稲刈り作業開始

 【名寄】市内内淵の村岡正行さん宅のほ場で十七日から稲刈り作業が始まり、コンバインのエンジン音を響かせながら豊かな実りを刈り取っている。
 村岡さん宅のほ場には、はくちょうもち八ヘクタール、風の子もち四ヘクタールを作付けており、昨年より四日遅い稲刈り作業となったが「これまでは二十日ごろから稲刈りを開始していました。ここ四、五年は温暖化の影響で、刈り取り時期も早くなっていました」とのこと。
 稲刈り終了は二週間後の予定だが、今後も名寄地方では、収穫時期を迎えた稲の刈り取り作業の光景が見られそうだ。

(写真=黄金の稲の中で、コンバインを走らせる村岡さん)

[ 2008-09-18-19:00 ]

消防士の仕事を体験
名寄・幼年消防防火フェスで

 【名寄】名寄市防火クラブ協議会(山崎博信会長)と名寄消防署(野田利和署長)主催の名寄市幼年消防防火フェスティバルが十六日、名寄市スポーツセンター駐車場で開かれた。
 いろいろなことに興味を持ち始める幼児期に、火の大切さと恐ろしさ、災害時の身の守り方などを理解してもらうことを目的に開催。市内十二の幼稚園、保育所に設立されている「幼年消防クラブ」の子供四百三十人が参加した。
 会場内には、体に無害の煙を充満させたテントの中を歩く煙中体験や消防車の前で記念撮影、しゃぼん玉遊びのコーナーがあったほか、消防服を身に着けた子供たちが放水も体験した。

(写真=放水も体験し、子供たちが火災予防を誓ったフェス)

[ 2008-09-18-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2008年

9月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
8日
9日
10日
11日
12日
13日
14日
16日
17日
18日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.