地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2008年9月4


手延べうどんの後継者育成
北部人材開発セン・道内唯一の製麺起業科開設

 【名寄】上川北部地域人材開発センターで二日、製麺(めん)起業科の入所式が行われた。下川町の後援を得て、手延べうどんの後継者育成を図り、地場産業の振興につなげる意味を込めたもので、人材開発センターとしては、道内で唯一の製麺起業科の開設で、名寄と下川から四人が入所した。十一月まで製麺実習やネット販売に向けた知識習得のためのパソコン操作方法などを学ぶ。
 入所式に出席した安斎保町長は、下川の手延べうどん業界の実情を語るとともに「下川町の手延べうどんは評判が良く、売り上げ不振ではない。高齢化などによる廃業が主な理由で、町として地場産業の拡充を願っており、今回の訓練を修了して下川町で起業や就職をしてほしい」と受講生にエールを送った。

(写真=安斎下川町長もあいさつした製麺起業科の入所式)

[ 2008-09-04-19:00 ]


多くの住民が声援
美深神社例大祭みこし渡御

 【美深】美深神社例大祭の「みこし渡御」が三日、美深市街地一円で行われ、多くの人が祭りを盛り上げた。
 みこし渡御では、委員たちがかみしも、猿田彦などの装束を身にまとい、車両行列で美深神社を出発。第一コミュニティセンター、東改善センター、町文化会館、山崎組など十カ所の駐輦(ちゅうれん)所を巡った。
 午後からは、緑町駐車場から園部商会スタンドの国道40号線で徒歩行列。美深神社御神輿一粋会員がみこしを担ぎ歩いた。沿道には多くの住民が詰め掛け、威勢よく練り歩く姿に、盛んに声援を送っていた。

(写真=みこしを担ぎ威勢よく練り歩く会員たち)

[ 2008-09-04-19:00 ]

国交大臣表彰を受賞
風連利雪、克雪対策協・市街地排雪の功績認められ

 【名寄】名寄市風連町市街地区利雪・克雪対策協議会(吉原保夫会長)は、雪国での快適な生活環境の保全と住民福祉の向上に寄与しているとして、このほど国土交通大臣表彰を受けた。二日に市役所風連庁舎を訪れ、島多慶志市長と小室勝治副市長に受賞を報告した。
 市役所風連庁舎には吉原会長、小田桐修一副会長、安澤正副会長が訪問。吉原会長は「発足当初は国道、道道の除排雪で地元自治体が財政投資することに疑問の声もあったが、紆余(うよ)曲折を経て、受益者にとって良かったと思える事業を展開してきた。今後も行政のご指導をいただきながら除排雪で環境整備に貢献したい」と受賞を振り返った。

(写真=島市長に受賞報告した吉原協議会長たち)

[ 2008-09-04-19:00 ]

地域住民が楽しむ
日進で御料神社祭の縁日

 【名寄】風連御料神社祭の縁日が二日、日進コミュニティセンター前で開かれ、多くの地域住民で盛り上がった。
 この日は、午前十一時から式典、午後零時半から奉納太鼓、同一時から子供みこしが行われた。縁日では、焼き鳥や焼きそば、生花の販売、スーパーボールやヨーヨーすくいなどのゲームコーナーが設けられたほか、日進小中学校の中学生も学習の一環としてクレープやたこ焼き、フライドポテトなどの露店を出店。
 集まった子供からお年寄りまでの地域住民が祭りの雰囲気を楽しんだ。

(写真=さまざまなコーナーが設けられ盛り上がった縁日)

[ 2008-09-04-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2008年

9月

1日
2日
3日
4日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.