地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2008年8月21


もちつきチャンピオンなど
なよろ産業まつり実行委・30回目で内容見直し

 【名寄】なよろ産業まつり実行委員会は、三十一日になよろ健康の森特設会場で開催する産業まつりの「なよろもちつきチャンピオン決定戦」「トラクター引きレース」「ちびっこ餅(もち)つき」の参加者を募集している。もちつきチャンピオン決定戦の優勝賞金は三万円で、優勝チームは二代目のもち大使の称号が与えられ、各種イベントで名寄のもちPRに参加もしてもらう。産業まつりで人気の伊勢の「赤福」は今年、販売されない。
 なよろ産業まつりは名寄市、JA道北なよろ、名寄市農業委員会、名寄商工会議所など市内十三団体で構成する実行委員会(委員長・島多慶志市長)が主催。今年は三十回目の節目を迎え、初めて「もち米日本一フェスタ」のサブタイトルを設けた。

[ 2008-08-21-19:00 ]


赤ふんみこしなど多彩
下川・うどん祭りイベント決まる

 【下川】第五回下川うどん祭りは、同実行委員会(委員長・谷一之観光協会長)主催で三十、三十一の両日、にぎわいの広場を中心に開かれる。このほどタイムスケジュールが決まったが、今年も地元特産手延べめんを使った料理コンテスト、同早食い競争、赤ふんみこしなど多彩な内容となっている。
 三十日は、料理研究家、星澤幸子さん(札幌)による料理ショー。手延べめんを主材料とした料理コンテストには、町内外から三人が参加。三十一日の手延べうどん早食い競争は、小学生、中学生、一般男子、同女子の四部門。参加料百円で当日参加もOK。恒例の赤ふんみこしは、赤い下帯一本の若者が女性を乗せたみこしを担ぐ。

[ 2008-08-21-19:00 ]

阿波踊りの練習に汗
名寄・高円寺大会への参加に向け

 【名寄】東京都杉並区での阿波踊り本番に向けた練習が、二十日まで三日間行われた。初めての参加者もおり、練習は基本から行われたが、友好交流のきずなを強めよう―と練習に汗を流した。
 新・名寄市に旧風連町時代からの杉並区との自治体友好交流は引き継がれ、今年も杉並区を代表するイベントの一つ「高円寺阿波おどり大会」に市民代表を派遣するもの。大会は二十三、二十四の両日開催されるが、今年も名寄地区を含め三十人の枠を設けて、参加者を募集したところ、定員通りの三十人の応募があった。
 今年初めて参加する人が多く、まず基本姿勢や手、足の運びなどの基本指導が、ほぼマンツーマンの状態で行われた。

(写真=高円寺阿波おどり大会に向けて練習に励む参加者たち)

[ 2008-08-21-19:00 ]

今月下旬に見ごろ
サンピラーパーク・キバナコスモスが花を付け

 【名寄】名寄市日進の道立サンピラーパークでは、キバナ(黄花)コスモスが、美しい花を付けている。今月下旬には見ごろを迎えるとみられ、同公園を管理する名寄振興公社では、多くの来場を呼び掛けている。
 緑の大地に、黄色やオレンジ、赤といった明るい花色が映え、来園者たちは美しい光景に心を癒やされている様子。
 このほか園内では、世界の珍しい品種のヒマワリなどが引き続き生き生きとした姿。市民の協力で植栽されたサンピラー交流館前の花壇も、ベゴニアやマリーゴールド、サルビア、カンナなどが咲き誇り、美しい花模様を描いている。

(写真=美しい花が来園者を楽しませているキバナコスモス)

[ 2008-08-21-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2008年

8月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
8日
9日
10日
11日
12日
13日
14日
15日
17日
18日
19日
20日
21日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.