地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2008年8月5


総体的な生育は順調
名寄地区1日作況・夜間低温で一部停滞

 【名寄】上川農業改良普及センター名寄支所は、一日現在の農作物生育状況をまとめた。七月からの好天と適度な降雨で総体的な生育は順調だが、夜間の気温が平年に比べて若干低いため、水稲など一部の高温作物で生育が停滞している。また、これからの時期については病害虫の発生も予想されることから十分な対応が望まれる。
 同所では、今後の生育環境が重要となる水稲について「これからの時期はカメムシの発生が懸念されるため、しっかりと防除してほしい。土がひび割れしないよう水管理にも注意する必要がある」と話す。

[ 2008-08-05-19:00 ]


五穀豊穣などを祈願
名寄神社祭みこし渡御・力強い担ぎ手に声援

 【名寄】名寄神社例大祭が四日の宵宮祭で幕を開け、本祭りとなった五日は恒例の「みこし渡御」が行われた。祭り独特の雰囲気で名寄全体が盛り上がる中、先太鼓や白丁、五色旗、猿田彦、稚児などによる行列が市内を練り歩き、五穀豊穣(ほうじょう)や商売繁盛、交通安全などを祈願した。
 みこし徒歩行進では、法被に鉢巻き姿の担ぎ手たちが「ワッショイ、ワッショイ」と威勢の良い掛け声を上げ、額に汗を流しながら市内を練り歩いた。

(写真=市内を練り歩いて祭りムードを盛り上げたみこし渡御)

[ 2008-08-05-19:00 ]

ヤナギ試験ほ場見学
下川と西興部の職員が交流

 【下川】下川町と西興部村の職員研修会が二日、町役場に集合して開かれた。
 下川町と西興部村は隣接しているが管内が違うため、お互いを知るきっかけが少なかった。そのため平成十八年から職員同士の情報交換と交流を図ろうと共同で研修会を開始。四回目となる今回は。西興部村職員九人と下川町職員十三人が参加。
 下川町は西興部村職員に新しい取り組みを見てもらおうと、町内サンルにある北海道開発局のヤナギの試験ほ場を案内。この後、五味温泉へ移動し、同施設の木質ボイラーなどを見学。安斎保町長らも合流し食事をしながら意見交換を行って親ぼくを深めた。

(写真=下川のヤナギほ場を研修する西興部と下川の職員)

[ 2008-08-05-19:00 ]

旭山動物園とつなげ
下川ニューツーリズム試験

 【下川】「旭山動物園ついでにエコの旅」が二、三日両日、下川の町地域間交流施設「森のなかヨックル」を拠点に行われた。
 札幌と小樽から二家族(大人四人、子供三人)が参加。「ホッキョクグマのための森づくり」は、五味温泉体験の森で枝打ち、間伐を体験。「カンナで削るマイ箸(はし)づくり」では、下川産の木を使ってはし作りに挑戦。この後、ヨックルで町産小麦粉などを使ってピザ作り。親子で協力しながら一生懸命、粉をこね、焼きあがったピザを囲んで交流を深めていた。

(写真=ピザ作りにも挑戦しスローフードを満喫した参加者ら)

[ 2008-08-05-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2008年

8月

1日
2日
3日
4日
5日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.