地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2008年7月31


ライブに中西圭三
3日に名寄で「てっしフェスティバル」

 【名寄】名寄の夏を彩る花火と歌の共演「てっし・フェスティバル」が、三日に天塩川曙橋下流の河川敷で開催される。今年は、ポップス歌手の中西圭三さんと、ロックバンドの元ハウンドドックメンバーで構成する「鼓単」が出演する。また、地元のチアリーデイングチームや風連の御料太鼓、よさこいソーランチームの「北鼓童なよろ」「北鼓友」も出演し、フェスティバルを盛り上げる。
 フェスティバル実行委員会(会長・吉田肇なよろ観光まちづくり協会長)が主催。フェスティバルは三部構成で、一部が午後四時から、二部が午後五時五十分、第三部が午後七時半から。スターンマインなどの花火が打ち上げることになっている。

[ 2008-07-31-19:00 ]


資材高騰対策など
名寄市農連連絡協議会・道北なよろ農協に対し要請

 【名寄】名寄市農民連盟連絡協議会(佐藤政雄会長)は二十九日、道北なよろ農協本所の中島道昭組合長を訪問。「石油製品、肥料の高騰で、農家は大変な時期にきている。掛かった経費が、農作物価格に転嫁できない厳しい状況。われわれの意をくんでほしい」(佐藤会長)と、「石油製品、肥料など生産資材高騰に対する緊急要請書」を手渡した。
 これを受け、中島組合長は「来月、石油製品高騰などをテーマとしたJAグループ総決起大会が開かれるので、お願いしてきたい」と述べた。

(写真=中島組合長に要請書を手渡す佐藤会長)

[ 2008-07-31-19:00 ]

自然に触れ共同生活
名寄でへっちゃLAND

 【名寄】子供たちが自然の中での共同生活を通じさまざまなことを学ぶ「へっちゃLAND二〇〇八」(実行委主催)が、二十九日から八月一日までの日程で、名寄市日進のなよろ健康の森・道立トムテ文化の森キャンプ場を拠点にスタート。市内の小中学生三十六人が助け合いながら、夏のひとときを満喫している。
 晴天に恵まれた中、初日は結団式、全体レクリエーションが行われ、初対面で緊張気味の表情だった子供たちも、あっという間に打ち解け笑顔で交流。六班に分かれての会議では、班名や目標、各担当係を話し合いながら決めていた。

(写真=3泊4日の日程でスタートしたへっちゃLAND)

[ 2008-07-31-19:00 ]

仕事しながら長期滞在
テレワーク実験下川でも

 【下川】総務省の短期移住型テレワーク(在宅勤務)の実証実験が八月、下川町を含む道内六市町で実施される。
 テレワークは自宅などに居ながら、出勤して行うのと同じ仕事をする勤務形態。自宅などでパソコンやワープロなどの端末装置を設置し、勤務先のホストコンピューターと接続して情報を送受する。
 これに豊かな自然が広がる北海道での長期滞在を組み合わせ、その可能性を探る。道外企業の社員が仕事をしながら家族と共に北海道で長期滞在を楽しむことで、心身の充実、家族とのつながり強化、受け入れ地域の活性化―などにつなげたい考え。

[ 2008-07-31-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2008年

7月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
8日
9日
10日
11日
12日
14日
15日
16日
17日
18日
19日
20日
22日
23日
24日
25日
26日
27日
28日
29日
30日
31日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.