地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2008年7月24


下川町が環境モデル都市に
先駆的な取り組み評価

 【下川】地球温暖化防止のため、政府は二十二日、温室効果ガス削減に取り組む「環境モデル都市」を全国から六市町を選定したが、下川町もその中に選ばれた。道内では帯広市と下川町だけ。
 安斎保町長は「五十年以上前からの取り組みと、現在の先駆的な取り組みが高く評価されたものと思う。町民とともに喜びたい。全国の森林・林業のまちのモデルとなるよう『環境モデル都市』を推進していきたい」と喜びの表情。
 国では環境モデル都市に対し、今後、予算など必要な支援を優先的に行う方針だ。

[ 2008-07-24-19:00 ]


全国大会頑張ります
風連トランポリン少年団・副市長らに出場報告

 【名寄】全国大会に出場する風連トランポリン少年団(日根野正敏団長)の団員七人が二十二日、市役所名寄庁舎を訪れ、中尾裕二副市長と藤原忠教育長に大会への意気込みを語った。
 同庁舎を訪れたのは、小中学生が対象の全日本ジュニアトランポリン競技選手権大会(山形県で二十四日から開催)に出場する菊地健汰君(風連中央小五年)、小泉恭幸君(同)、小林優さん(東風連小五年)、小林舞さん(風連中一年)、菊地美帆さん(同二年)。全国高校トランポリン競技選手権大会(山形県で八月一日から開催)に出場する名寄高校二年の吉岡翼君と同校三年の若松侑治君の計七人。団員たちは「予選を突破して決勝に進めるよう頑張る」「昨年よりも上の順位を目標に頑張りたい」など、それぞれ全国大会への意気込みを語った。

(写真=全国大会に出場する風連トランポリン少年団の7人)

[ 2008-07-24-19:00 ]

一人で悩まず相談を
ハラスメント防止講座・内田弁護士が名寄大で講演

 【名寄】名寄市立大学(久保田宏学長)のハラスメント防止講座・研修が二十二、二十三の両日、同学本館で開かれた。
 教職員や学生が、ハラスメントのない安心できる生活と環境を大学に根付かせるため、人権擁護委員会(三国和子委員長)が企画したもので、午後一時半から教職員対象の研修、同四時半からは学生対象の講座。
 講師は、北海道合同法律事務所(札幌)の内田信也弁護士。受講した学生は、内田弁護士の話に聴き入り、セクハラはどこでも起きる可能性がある問題であることを認識し、一人で悩まずに相談することの大切さを学んだ。

(写真=多くの学生の前で講演する内田弁護士)

[ 2008-07-24-19:00 ]

古き良き時代を感じさせ
名寄・北国博物館で昭和のくらし展

 【名寄】名寄市北国博物館主催の第十八回特別展「昭和のくらし」が、八月二十四日まで同館ギャラリーホールで開かれ、来館者は古き良き時代の生活を感じながら、懐かしむ様子が見られている。
 会場には、現在のテレビ放送を見ることができるトランジスタの白黒テレビや脱水するための手回しローラーが付いている電気洗濯機、鉄製の重厚な足踏みミシン、焼けた炭を入れて使用する炭火アイロン、歯車式のレジスターなど、時代を感じさせるものばかり。
 昭和四十年ごろの「居間」を復元したコーナーでは、丸いちゃぶ台や茶だんす、冷蔵庫、白黒テレビなどが置かれ、小さなちゃぶ台を多くの家族が囲み食事を楽しむ光景が浮かんでくるようだ。

(写真=8月24日まで開かれている特別展「昭和のくらし」)

[ 2008-07-24-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2008年

7月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
8日
9日
10日
11日
12日
14日
15日
16日
17日
18日
19日
20日
22日
23日
24日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.