地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2008年7月17


グリーンアスパラガス昨年上回る収量
だが、農家は報われず
道北なよろ農協・生産コストの上昇が影響

 【名寄】市内大橋の道北なよろ農協選果センターで、グリーンアスパラガスの選別作業が終了した。今シーズンは、五月上旬の低温影響で出荷をストップする被害があったものの、収量は昨年の実績を上回る四百五十三トンとなった。十アール当たりの収量も、目標の三百キロには届かなかったが、約二百八十キロで比較的安定した数字となった。しかし、燃料や肥料などの生産コストが急激に上がったため、農家にとってはあまり報われないシーズンとなった。

[ 2008-07-17-19:00 ]


阿波踊りで友好育てる
名寄市・杉並との交流で参加者募集

 【名寄】阿波踊りで友好交流を―。名寄市は、「東京高円寺阿波おどり大会」の参加者を募集している。名寄地区住民の参加枠を今年も設けており、友好交流の輪を広げる場にしていく考えで、参加を呼び掛けている。
 高円寺阿波おどり大会は、商店街の活性化を目的に始まり、今年で五十二回目を迎え杉並区を代表するイベントとなっている。 今年の大会は、八月二十三、二十四の両日開催される。これに合わせ、七月十八日まで参加希望を受け付けるもので、募集人員は三十人。内訳は風連地区から二十人、名寄地区から十人とし、参加負担金は一人三万円。日程は八月二十三日から二十五日までの二泊三日。参加希望、問い合わせは市総務部風連地区振興課地域調整係で受け付けている。

[ 2008-07-17-19:00 ]

選手117人がエントリー
名寄・27日にサマージャンプ大会

 【名寄】全日本スキー連盟A級公認・サンピラー国体記念第六回サマージャンプ大会が、二十七日午前九時から市内日進のピヤシリシャンツェノーマルヒル(HS―100)で開催される。大会には地元選手や国内外で活躍している一線級選手ら百十七人がエントリーしており、果敢な飛躍を披露する。
 出場選手の顔ぶれを見ると成年の部は、伊東大貴選手(土屋ホーム)、岡部孝信選手(雪印乳業)、葛西紀明選手(土屋ホーム)、高橋大斗選手(土屋ホーム)など人気、実力を兼ね備えた選手が出場予定で、ピヤシリシャンツェに大きなアーチを描く。

[ 2008-07-17-19:00 ]

ホタルから環境学ぶ
下川自然考える会が観察会

 【下川】下川自然を考える会(千葉永二会長)主催のホタル観察会が十五、十六両日に町内班渓の水田用水路などで開かれた。
 ホタルの観測を通して自然環境を考えるのが狙い。十五日は午後七時半に集合し現地へ。児童や保護者など十五人が参加した。
児童たちは覆い茂った草の中からホタルの光を見つけて、そっと手のひらに乗せ観察を楽しんだ。
 事務局の早田史郎さんは「なぜここにホタルが残っているのか。ここにしかいなくなったのか。一緒に考えよう」と投げかけた。

(写真=町内班渓でホタルの観察を行った参加者たち)

[ 2008-07-17-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2008年

7月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
8日
9日
10日
11日
12日
14日
15日
16日
17日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.