地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2008年7月10


15日から「愛ころもち」販売
中名寄有志が組織・農業種交流で新銘菓作る

 【名寄】北京オリンピックに出場する佐藤愛子選手を応援しよう―。佐藤選手の出身地である中名寄の農家有志が集まり「アグリファクトリー中名寄」(鷲見悦朗代表)を組織するとともに、応援用に名寄産のもち米を使った「あんころもち」ならぬ「愛ころもち」を、市内の菓子店との連携して製造、十五日から販売する。オリンピックにちなみアスパラガスやカボチャなど地元の農産物を使って五色の大福もちで、アイデア凝らした商品となっている。
 現在、取り扱いが決まっているのはAコープや西條、千虎など。また、アグリファクトリーには酪農家も入っており、大福だけでなく、新たな銘菓などの商品開発も考えていきたい」と地域活性化にもつながる商品開発にも意欲をみせている。

(写真=鷲見アグリ代表と商品開発した「愛ころもち」)

[ 2008-07-10-19:00 ]


中心街に音色響く
名寄・平和を願い音楽大行進

 【名寄】第五十四回平和音楽大行進が、今年も十日午後一時半から名寄小学校グラウンド出発で開かれ、平和を願う演奏の響きが市内中心街に響いた。
 今年はボーイスカウト名寄第一団を先頭にカブスカウト鼓笛隊、カトリック・光名・大谷・風連幼稚園、豊西・名寄・風連中央・東風連・風連下多寄・西・東・南小、風連・名寄・東中吹奏楽部、光凌高吹奏楽部、陸上自衛隊音楽隊、社会を明るくする運動関係団体らが参加。参加者の演奏は、沿道を埋めた観客の心にも響き、多くの人が悲惨な戦争を二度と繰り返さないように―と願った。

(写真=悲惨な戦争を繰り返さないよう願った平和音楽大行進)

[ 2008-07-10-19:00 ]

ラベンダーが香る中
名寄東小コミセンの祭り

 【名寄】名寄東小学校コミュニティセンター(高野繁運営委員長)のラベンダー祭りが八日、ラベンダー香る同校南側テラスで開かれた。
 同センターは同校周辺にハーブを植える公園化構想などを展開しており、児童と共にラベンダーを管理しており、毎年、紫の花と香りが道行く人の目を楽しませている。
 ラベンダー祭りは、同センターや運営する同校コミュニティカレッジ生、同校児童、PTA、地域住民との交流と誰もが安心して暮らせる地域づくりを願い毎年開催。
 同校一・二年生が歌と平成名寄音頭、三・四年生がよっちゃれ、五・六年生が鼓笛演奏を元気いっぱいに発表。コミカレ生も「朝はどこから」などの合唱を披露した。

(写真=東小児童やコミカレ生が発表したラベンダー祭り)

[ 2008-07-10-19:00 ]

自然の情景を描く
名寄・レンガの家でペニョン展

 【名寄】絵画サークル「ペニョン」(志水智江代表)の第二十八回ペニョン展が、十三日まで北星信金「レンガの家きらり」で開かれている。
 サークルは昭和四十八年の発足。現在、会員は志水代表をはじめ駒井ふみ子さん、鈴木宏子さん、羽生美智子さんの四人。指導は名寄在住の棚橋永治さん。例会は毎週火曜日に志水代表宅で開いており、年に一〜二回、スケッチ旅行にも出掛けている。
 ペニョン展は隔年で開催。今回も二年間で描いてきた油彩画四十二点を展示。会場を訪れた人は、四季折々の光景が繊細に再現されている油彩画にじっくりと見入っている。

(写真=油彩画42点が並ぶサークル「ペニョン」の展示)

[ 2008-07-10-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2008年

7月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
8日
9日
10日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.