地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2008年7月9


フルーツトマト選別施設を建設
下川町と北はるか・事業費4億2千700万円投入

 【下川】フルーツトマトの生産拡大、品質向上によるブランド化、グリーンアスパラの選別能力向上などを内容とした「産地生産拡大プロジェクト支援事業」が、国の認可を待って早ければ七月末から町内でスタートする。総額四億二千七百万円の大型事業。
 フルーツトマト、グリーンアスパラを町内の主要作物と位置付け、二十年度からスタートした農水省の事業を導入。北はるか農協、下川町、農業改良普及センターなどで組織する産地強化協議会が事業の受け皿となる。

[ 2008-07-09-19:00 ]


健康管理に役立てて
名寄市保健センター・特定など各種健診スタート

 【名寄】市保健センターで、八日から特定健診など各種健診がスタート。「日本は糖尿病が多く、軽度なら自覚症状がないため、検査しなくては分からない実態がある。健診を受けて健康管理に役立ててください」と呼び掛けている。
 名寄市の特定健診は、十八年が名寄市国民健康保険加入者九百七十三人、十九年度は千百三十四人が受診。受診率は上昇しているが、まだまだ、受診者が少ないのが現状。多くの市民の受診を求めている。

[ 2008-07-09-19:00 ]

ピヤシリから神秘的光景撮影
名寄の千葉明さん・夕日の雲海と利尻富士

 【名寄】市内の写真愛好者が、ピヤシリ山頂近くからオレンジ色に輝く見事な雲海、その向こうの日本海に浮かぶ利尻富士の姿をカメラに納めた。「とても感動的な光景。名寄にもこんな壮大な光景があることを知ってほしい」と話す。
 東二南一、自営業の千葉明さん。六月三十日午後六時ころ、ピヤシリ山の八号目にあたる峰越林道から撮影。この日はオホーツクからの東風が冷たい雲を運び、山頂から風に運ばれてすそ野へと広がった。雲海の上は冷気のためか視界がくっきり。
 日没近くになると、一面がオレンジ色に輝き、神秘的な世界が醸し出された。

(写真=千葉さんが撮影したピヤシリからの光景。遠方は日本海に浮かぶ利尻富士)

[ 2008-07-09-19:00 ]

手作りギョーザ味わう
名寄で食育セミ&料理教室

 【名寄】味菜の会(井川三重子会長)、なよろ食育推進ネットワーク(宮下省三会長)主催の食育セミナーと料理教室が八日、市民文化センターで開かれた。
 食育セミナーは、名寄や美深などで定期的に開催しているもので、今回は二十七人が参加した。
 セミナーで、MOA名寄農場の中川祥治さんが「小麦の食文化とギョーザ」をテーマに講話。料理教室は、中国出身で名寄在住の板垣金瑪さんが講師となり、ギョーザ作り。参加者たちは、皮作りで板垣さんの手の動きなどを参考としながら取り組み、すべて手作りで完成させたギョーザをおいしく味わっていた。

(写真=智恵文産の野菜などを取り入れたギョーザ作り)

[ 2008-07-09-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2008年

7月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
8日
9日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.