地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2008年7月6


巨大な巣の上で飛行特訓
望湖台の林道沿い・元気にノスリが成長

 【名寄】ふうれん望湖台自然公園の林道沿いで、猛きん類の留鳥、ノスリが営巣しており、二羽のひなが順調に育っている。時折、風に向かってはばたきの特訓。巣立ちの日が近そうだ。
 場所は望湖台自然公園の湖畔から少し離れた林道沿い。林道から十五メートルほど離れた林の中で、針葉樹の高さ十三メートルの枝に、枯れ枝などを集めた直径一メートル近い巨大な巣。
 名寄野鳥の会副会長兼事務局長の下川町上名寄、水間秀文さんは「以前は望湖台の南側、下川町上名寄などで巣が確認されている」と話す。トビより数が少なく、林道から観察できるのは珍しいとのことで、関係者は「無事に巣立って」と、そっと見守っている。

(写真=親とほぼ同じ大きさに成長したノスリのきょうだい。風に向かってはばたきの特訓)

[ 2008-07-06-19:00 ]


賞品に現金30万円など
名寄・19日から全市連合売り出し

 【名寄】現金で消費者の購買意欲を刺激―。名寄商工会議所と風連商工会は、十九日から「なよろ全市連合大売り出し」を開始する。「なよろ宝くじ」付きで、現金三十万円十本などを賞品として用意し、夏物商戦の盛り上げる。
 名寄商工会議所と風連商工会では、自治体合併後に名寄市からの補助を受けて歳末大売り出しなどで、お笑いライブ招待や地域通貨券の販売で、消費者に還元してきた。今回、夏物商戦に合わせた売り出しを、初めて企画したもので本年度は、冬にも合同での売り出しを考えている。

[ 2008-07-06-19:00 ]

食べやすく販売再開
名寄・角舘商会の新薬膳弁当

 【名寄】昨年行われたJR北海道発足二十周年記念事業「北海道新駅弁コンテスト」で入賞し、身体に優しい弁当として健康志向の消費者から注目を集めた角舘商会(市内西一南七、角舘征夫代表)の「薬膳弁当」を、消費者の声を取り入れてより食べやすくリニューアル。新たに五日から販売を開始した。
 新たに販売する薬膳弁当には、「北のはと(ハトムギ)」を名寄産有機減農薬米「ほしのゆめ」に混ぜて炊いたご飯に、煮た「ヤブマメ」をトッピング。強壮や鎮痛、食欲増進薬などに効果がある「エゾウコギ」のごまあえ。発汗、解熱、鎮痛薬として用いられる「ハマボウフウ」の酢みそあえなどが入っている。価格は一つ千五十円で、同社とJR名寄駅で販売。年内いっぱいは販売できるよう調整するそう。

(写真=5日から新たに販売を開始した薬膳弁当)

[ 2008-07-06-19:00 ]

仕事への責任を実感
美深高インターンシップ報告

 【美深】美深高校(福井利雄校長)二年生のインターンシップ報告会が三日、同校で開かれ、実習成果などを披露した。
 同校では、働くことの意義を理解することを目的に毎年、二年生を対象にインターンシップを実施。今年は二十一人が美深町内の十一カ所で職場実習を行った。
 報告の中で「自分の主張と相手の尊重によって人間関係を築くことを知った」「得意なことをすることで、やりがいを感じ、やる気も出て社会貢献につながる」と成果を語る一方、「自分で次にする仕事のことも考えていたつもりだが、実際には難しいことだった」などの反省点も出された。

(写真=職場実習の成果、反省点を紹介する生徒たち)

[ 2008-07-06-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2008年

7月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.