地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2008年7月4


12月に提案予定
名寄市議会改革特別委員会・「議会基本条例」で市民意見も

 【名寄】名寄市議会の議会改革調査特別委員会(高見勉委員長)が三日、市役所名寄庁舎で開かれた。「議会基本条例」制定に向けた協議の進行方法で意見を出し合ったが、総論部分となる「前文」と個別論点を示す「条文」協議の優先順位などで委員の意志統一が図れず、次回に持ち越しとなった。また、第四回市議会定例会に条例案を提案するなどの作業スケジュール案も示され、次回の協議事項とした。

[ 2008-07-04-19:00 ]


韓国の大学生が訪問
なよろ観光協会・12日に屋台などのフェアも

 【名寄】なよろ観光まちづくり協会(吉田肇会長)は、韓国人観光客誘致事業の一環としてモニターツアーを開催。七日に韓国の大学生が名寄を訪れ、市内施設見学や名寄大学での日本文化講座、日韓の大学生交流などを行う。また、ツアーと並行して十二日にハングル教室や屋台などを設けた「韓国フェア」を開く。
 ツアーでは(1)韓国観光客に名寄を含めた道北観光の周知(2)韓国の学生が普段着交流で、市民と国際交流できる場の提供(3)帰国後、名寄民間観光大使として観光客誘の致協力(4)韓国に名寄ファンクラブ設立―といった効果を期待している。

[ 2008-07-04-19:00 ]

地域に溶け込みたい
下川病院副院長・斉ノ内さんが着任

 【下川】町立下川病院(納田幸一院長)に新しい外科固定医、斉ノ内(さいのうち)二郎さんが着任、副院長として一日から診療を開始した。「患者さんの立場にたって、ホスピタリティーのある診療を心掛けたい」と早速、患者さんに明るく接している。
 斉ノ内さんは昭和三十四年京都市出身。昭和六十二年大阪医大卒後、同大学の整形外科関連病院に十年間勤務。その後、道外、道内の病院に合わせて二十年の臨床経験。
  「下川はまだ来たばかりですが、自然が豊かで情感のある町。ウオーキングなどで大いに地域の自然に親しみたい」。家族は夫人に子供三人。

(写真=「患者さんの立場で診療を」と話す斉ノ内さん)

[ 2008-07-04-19:00 ]

「予選突破を」と嶋村君
名寄高校の陸上部・5千メートルウォークで全国へ

 【名寄】名寄高校(武者秀一校長)陸上部所属の嶋村拓人君=三年=が、全道高等学校体育大会の五千メートルウォーク(競歩)で三位に入賞。七月下旬に埼玉県で開かれる全国大会への出場権を手にした。
 大会へ向けて、嶋村君は「暑さ対策をしっかりとしていきたい。普段の練習ではウインドブレーカーを着て練習しています。目標はまず、予選突破です」と意気込みを語る。
 また、顧問の市川聖教諭は「嶋村は努力家。練習は毎日欠かさず、冬マイナス二〇度以下の時でも外で走り、耳を真っ赤にして帰ってきたこともありました。努力で勝ち取った大会出場なので、本人の目標通り頑張らせたい」と話す。

(写真=顧問も認める努力で全国への切符を手にした嶋村君)

[ 2008-07-04-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2008年

7月

1日
2日
3日
4日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.