地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2008年6月29


コースは名寄〜美深間
8月にダウン・ザ・テッシ開催

 【名寄・美深】天塩川カヌーツーリング大会「ダウン・ザ・テッシオペッ2008」が八月二、三の両日、名寄大橋からびふかアイランドポートまでの三十四キロで開かれる。今年は三日のツーリングで一部コースにレース部門を十三年ぶりに復活させるほか、二日の受付後に野菜収穫体験などのオプションプログラムを盛り込んでいる。
 同実行委員会では参加者を募集中。定員は約百艇二百人。参加費(一人)一般一万円。申込期限は七月十一日必着。問い合わせは同実行委員会事務局の草野孝治さん(美深町役場内、電話01656-2-1641)へ。

[ 2008-06-29-19:00 ]


初めての共同開発商品
上川北部5つの道の駅・特産品まとめギフトを発売

 【名寄】上川北部の五つの「道の駅」が連携し、それぞれの特産品をセットにした共同開発商品を販売する。天塩川流域ギフト「天塩日誌」で、七月初旬に五つの「道の駅」で同時発売。上川北部の道の駅が、共同で商品を出すのは初の試みだ。
 ギフトは、名寄市が風連産のイチゴを原料にした「いちご羊羹(ようかん)」、美深町がシラカバの樹液を使った「森の雫(しずく)」と自家栽培・製造にこだわったトマトジュース「太陽の水」の二品。音威子府村が天然の「ハチミツ」、中川町が完全無農薬栽培したハスカップジャムの「果樹園」、剣淵町が有機・低農薬栽培のシソを使用したジュース「しそしそ話」で、合わせて六品。金額は一セット三千円(消費税込み)。七月初旬に一斉発売を行う計画でいる。

[ 2008-06-29-19:00 ]

杉並の担当者が来市
都会っ子体験交流・名寄地区から8人応募

 【名寄】東京都杉並区の小学生を対象に七月に実施する「都会っ子体験交流」の参加募集が、二十三日に締め切られた。募集定数通りの二十五人から応募があり、うち名寄地区からは八人が応募した。実施に向けて、杉並区からは担当者二人が調査に訪れるなど、準備が進んでいる。
 計画によると、今年は七月二十八日から三十一日までが風連を会場とし、旭山動物園見学のほか、風連地区内での農業体験やウオークラリーなどを楽しむ。八月五日から八日までは会場を東京に移し、交流スポーツ大会やデイズニーランド訪問を予定している。

[ 2008-06-29-19:00 ]

花1500本をサミットへ
MOA名寄農場が搬送作業

 【名寄】名寄で育てた花を洞爺湖サミットに―。MOA自然農法名寄農場による花プランターの積み込みと搬送作業が、二十六、二十七の両日、同農場で行われ、千五百本の花をサミット会場の洞爺湖地域に届けた。
 「地球環境」をテーマに開催(七月七日〜九日)されるサミットへの花の提供は、同農場と道の「花いっぱい運動」の取り組みが合致したもの。
 作業は二日間。ヒマワリ、ペチュニア、サルビア、ナデシコ、ダリアの五種類の花千五百本を、プランター一つに三本ずつ入れた。二十六日にプランター三百個、二十七日に二百個の計五百個を大型トラックに積み込み、会場のある洞爺湖地域に贈った。

(写真=大型トラックに花を積み込むMOA作業員)

[ 2008-06-29-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2008年

6月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
9日
10日
11日
12日
13日
14日
15日
16日
17日
18日
19日
20日
21日
22日
23日
24日
25日
26日
27日
28日
29日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.