地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2008年6月22


地域に根差した農家に
羊牧場とチーズ工房
美深町仁宇布・静岡出身田中さんが開設へ

 【美深】美深町仁宇布地区で羊牧場とチーズ工房を開設しようとしている道外出身者がいる。田中孝幸さんは昨年十月、妻の久美子さんとともに東京から同地区に移住。現在、九月のオープンに向けて準備を進めているところで「地域に根差した工房、農家を目指しており、その土地に根付いた羊でミルクを搾り、ここでしか食べられないチーズを作りたい」と意気込みを語る。
 チーズ工房と牧場はトロッコ王国の線路越しに開設。美深町の助成金を受け、工房は七月上旬までに着工、九月にプレオープン。本格オープンは来春を予定している。一方、牧場では現在、牧柵の設置や牧草栽培の準備を進めており、八月末には羊の放牧が見られる。

(写真=自分の納得できるチーズを―と目標を語る田中さん)

[ 2008-06-22-19:00 ]


交通安全対策を向上
風連の瑞生橋・本年度で歩道工事完了

 【名寄】道道朱鞠内・風連線に架かる天塩川の瑞生橋歩道新設工事が、本年度で終了する。新たに橋の上流部分に歩道を設置しているもので、旧風連町時代から交通安全対策の一環として歩道の設置が要望されていた。瑞生橋の上流・下流部分の河川敷にはパークゴルフ場が整備され、利用者も多いだけに、交通安全対策の向上が図られる。
 歩道は瑞生橋上流部分に増設する形で架けられている。歩道部分の幅員は二・五メートル、延長は三百二十四メートル。さらに橋に取り付け道路となる歩道部分も新設され、七百八十メートルが整備された。

[ 2008-06-22-19:00 ]

下川発ニューツーリズムを創造
商工会が全国展開事業指定・7月モデルツアー募集

 【下川】下川町商工会(夏野俊一会長)の「下川発ニューツーリズム創造事業委員会」(谷一之委員長)がこのほど発足。短期滞在型、体験型のニューツーリズムの確立に向けて事業をスタートさせた。「旭川インターネット放送局まるまるネット北海道」(http://www.hofm.oo.jp/)では、下川町を紹介する動画の配信も始まった。
 モニターツアーは一泊二日程度で、下川集合。魅力ある内容で近く募集。七、九月、来年二月の三回を予定。そのほか事業者向け研修、観光ガイド研修、観光PR事業(十一月、横浜市)、ポスター、パンフ、エリアガイドブック、PR用グッズの作成など。

[ 2008-06-22-19:00 ]

木育体験を盛り込む
7月31日からびふかフロンティアアドベンチャー

 【美深】青少年の野外体験活動「びふかフロンティアアドベンチャー」は、七月三十一日から八月四日まで清水公民館を宿泊場所に行われる。今年は森に親しむ機会として植樹や枝打ちといった「木育体験」を活動メニューに盛り込んでいる。
 主な日程は三十一日午後二時から清水公民館で開村式、テント設営。一日は上川北部森づくりセンターの協力で松山湿原登山と仁宇布みらいの森での木育体験、トロッコ乗車。二日は午前中に恵深橋下の天塩川でいかだ下り。三日は夜にキャンプファイヤーと班活動発表。四日午後二時に閉村式を予定。対象は小学四年生から中学三年生まで。募集人数は五十人。募集期限は七月十四日。参加料は一人五千円。問い合わせは実行委員会事務局の美深町教育委員会(電話01656-2-1744)へ。

[ 2008-06-22-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2008年

6月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
9日
10日
11日
12日
13日
14日
15日
16日
17日
18日
19日
20日
21日
22日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.