地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2008年6月4


観光入り込み約20%減
なよろ観光まちづくり協会・ひまわり畑の中止が響く

 【名寄】なよろ観光まちづくり協会(吉田肇会長)は、十九年度の市内観光入り込み客の調査を実施、結果をまとめた。宿泊施設と観光施設、各種イベント・スポーツ大会、公共施設などを対象に調査を行ったが、智恵文振興地区での「なよろ智恵文ひまわり畑」中止の影響で、総体の入り込み数は、前年度より五万七千百人(一九・九%)減少の二十四万五千七百人となった。
 同協会は本年度、韓国から名寄への観光客誘致を目指した韓国大学生のモニターツアーをはじめ、各種事業を計画しており、観光振興の促進を図る。

[ 2008-06-04-19:00 ]


美深町開拓110年記念で町史編さん室を開設
専門員に式部さんを配置

 【美深】美深町は、六月から町史編さん室を町役場庁舎三階に開設。同町は今年、開拓百十年を迎えるが、その記念事業として約四十年ぶりに町史を発行する。また、元役場職員で前回の町史編さんにも携わった、前美深町郷土研究会長の式部義明さんが同室専門員として編さんにあたる。
 式部さんは「人生のうちで三度も町史の編さんにかかわり、歴史を後世に伝える仕事ができるのは最高の喜び」と意気込みを語る。

(写真=編さんにかかわるのは最高の喜びと語る式部さん)


[ 2008-06-04-19:00 ]

事務所を駅に移転
美深観光協会・案内カウンターも併設

 【美深】美深町観光協会(佐藤堅治会長)は、協会事務所を町交通ターミナル(JR美深駅)に移転。二日から業務をスタートさせた。
 同協会では、事務所移転によって駅舎がにぎやかな雰囲気となることに期待。「駅に事務所を構えるだけではなく、観光関連施設と連携することも求められている。事務所を移して心機一転。観光事業が元気づくためのきっかけとし、協会が主体となって観光振興を推進したい」と話している。

(写真=観光事業強化で移転した事務所、案内所)

[ 2008-06-04-19:00 ]

羊のオブジェ製作
羊毛使った小物作り講習

 【名寄】名寄市北国博物館主催の「羊毛を使った季節を飾る小物作り講習会」同館講堂で開かれた。
 地域の歴史とかかわりの深い、羊毛を使った手作りを体験する講習会。四季に合わせて四回の講習会を予定しており、一回目のこの日は「春〜子羊誕生!」をテーマに、羊の親子のオブジェを作った。
 参加者は作業が進むにつれて形になっていくオブジェに喜びながら取り組んでいた。

(写真=ニードルを刺して羊の親子のオブジェを作った講習会)

[ 2008-06-04-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2008年

6月

1日
2日
3日
4日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.