地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2008年5月31


中活は「3・6街」メーン
名寄市議会議員協・市がアウトライン示す

 【名寄】名寄市議会議員協議会が三十日、市役所名寄庁舎で開かれた。市が、名寄商工会議所と連携して策定作業を進めている「中心市街地活性化基本計画」のたたき台となるアウトラインやスケジュールなどを説明。委員からは、残り約半年間という短い策定期間にもかかわらず、いまだに具体的な計画案の内容が示されないことを心配する声が多く、市は「作業は遅れているものの、六月に開催するまちづくり委員会の中で計画の大枠が見えてくる」などと述べ、理解を求めた。

[ 2008-05-31-19:00 ]


新体制で市政発展を
今副市長の退任式・46年の行政生活に別れ

 【名寄】今尚文副市長の退任式が三十日、市役所名寄庁舎で行われ、島多慶志市長や職員らが見守る中、四十六年間の行政生活を共に歩んだ同庁舎を後にした。
 今副市長は「任期途中の退任は新陳代謝を図ることを考えたものであり一、二年後の大量退職者のことも考えると、今の段階で後進に道を譲ることが望ましいと思った」とあいさつ。
 式終了後、庁舎前に移動しての見送りでは、職員が感謝の気持ちを込めて花束を贈呈。今副市長は集まった職員一人一人と握手を交わし、合併前の旧名寄市時代から勤務して慣れ親しんだ同庁舎に別れを告げた。

(写真=職員から花束を受けて見送られた今尚文副市長)

[ 2008-05-31-19:00 ]

ヤナギからバイオ燃料
下川・北海道開発局が試験植栽

 【下川】北海道開発局が開発計画調査の一環として行う「北海道に適した新たなバイオマス資源の導入促進事業」が、下川町サンル五穀橋付近約五千平方メートルの町有地で進められている。内容はヤナギの試験ほ場栽培。地ならしや区割りなどを行って、二十七日から植栽を開始。二十九日に終了した。
 植栽作業最終日の二十九日は、北海道開発局の三野康洋開発監理部開発調査課長補佐、湯口雄司同旭川建設部地域振興対策室長らも現地を訪れた。
 安斎保町長も駆けつけ、一緒に植栽作業に汗。新エネルギーとしての期待を膨らませていた。

(写真=サンル地区の試験ほ場で行われたヤナギの植栽)

[ 2008-05-31-19:00 ]

園内を美しく飾る
サンピラーパーク・ヒマワリなど種まき作業

 【名寄】名寄市日進の道立サンピラーパークで三十日、ヒマワリとキバナ(黄花)コスモスの種まき作業が行われた。夏を代表する花のヒマワリは、七月下旬ごろからの見ごろが予想され、多くの来場者の目を楽しませてくれそうだ。
 作業は、同公社の職員十人で行われた。ヒマワリの方は、機械を使っての作業だったが、キバナコスモスは、種が小さいうえに、均等な間隔で見栄え良く咲かせることができるように―と、くいとひもを使って一直線上に種をまき、土をかぶせていくという地道な作業。職員らは美しく咲く花の景色を思い浮かべながら作業に当たっていた。

(写真=サンピラーパークで行われた種まき作業)

[ 2008-05-31-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2008年

5月

1日
2日
3日
4日
5日
7日
8日
9日
10日
11日
12日
13日
14日
15日
16日
17日
18日
19日
20日
21日
22日
23日
24日
25日
26日
27日
28日
29日
30日
31日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.