地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2008年5月27


レストハウス供用開始
道立サンピラーパーク・全面開園で来園を呼び掛け

 【名寄】道立サンピラーパークの「花の丘レストハウス」が、二十四日にオープンし、これで同パークは全面開園となった。同レストハウスは、周辺を色とりどりの芝桜に囲まれた癒しの施設。建物の西側はガラス張りになっており、芝桜や緑一面の広場など美しい景色を眼下に望むことができる。
 新たに整備されたレストハウスは木造平屋で床面積約百五十七平方メートル。建物内は木の自然な香りが漂い、夏場は屋外よりも涼しく快適。洗面所が備えられているほか、のんびりと疲れを癒やすことができる小上がりも整備され、持参した弁当などを楽しむことも可能。

(写真=オープンした花の丘レストハウス)

[ 2008-05-27-19:00 ]


低コスト念頭に事業
上川北部森林組合・19年度の取扱高8億4000万円

 【名寄】上川北部森林組合(林正博組合長)の第二回通常総代会が二十六日、風連福祉センターで開かれた。十九年度実績は、森林整備関連の取扱量が若干減少したものの、加工部門で昨年を上回る実績を上げ、全体として計画を上回る結果に。年間総取扱高は八億四千三百十万五千円、余剰金四千一万九千円の実績で、出資配当金は五%とした。

[ 2008-05-27-19:00 ]

17万円の黒字決算
美深振興公社・入館者、収入額は減少

 【美深】びふか温泉を運営、びふかアイランドを指定管理する美深振興公社(社長・山口信夫町長)の第二十九回定時株主総会が二十五日、同温泉で開かれた。十九年度は前年度からの入館者減少傾向に歯止めが掛からなかったほか、燃料価格高騰で経営を圧迫。入館者数は前年度比一四・五%減、収入額は同比〇・四%減となったが、経費節減に努めた結果、当期純損益は十七万二千円の黒字決算となった。

[ 2008-05-27-19:00 ]

はだしで土を感じて
日進小中学校で田植え

 【名寄】風連日進小中学校(安齋利広校長、児童生徒十六人)の田植え体験学習が二十六日、三年生の高橋純希君の母・和歌美さんが所有する水田で行われた。
 稲作体験を通して、地域住民の活動や風連の産業、自分たちの「食」に関心を持つこと。勤労体験を通して働くことの意義や社会とのかかわりを考えることを目的に、小学一・二年生は生活科、四年生以上は総合的な学習で実施。
 この日は、和歌美さんと純希君の父・裕二さん、祖父・幸広さんの指導を受けながら、もち米「風の子」の田植えを行った。

(写真=はだしで水田に入り、風の子を植える児童・生徒たち)

[ 2008-05-27-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2008年

5月

1日
2日
3日
4日
5日
7日
8日
9日
10日
11日
12日
13日
14日
15日
16日
17日
18日
19日
20日
21日
22日
23日
24日
25日
26日
27日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.