地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2008年5月16


規模縮小で建設費60億円削減
下川のサンルダム・差し引くと2億円のみ

 【下川】北海道開発局が下川町内で建設を進めるサンルダムは、当初計画より規模が大幅に縮小。ダム本体や関連施設で約六十億円減額となる見通し。しかし、環境保全関連事業や事業が延長されたことに伴う経費増などで、差し引き二億円の減にとどまる見通しだ。旭川開発建設部サンルダム建設事業所(宮藤秀之所長)は「規模縮小は二年前に決まっており、事業予算については、現在、国土交通省が関係省庁と調整中」としている。

[ 2008-05-16-19:00 ]


重度障害で修正意見
名寄市議会民生常任委・高齢者除雪支援を審議

 【名寄】名寄市議会の民生常任委員会(渡辺正尚委員長)が十五日、市役所名寄庁舎で開かれた。前回に引き続き、高齢者への除雪サービス内容を変更する「名寄市高齢者自立支援事業条例の一部改正」を審議、除雪が困難な重度身体障害者の扱いなどで意見が出した。
 除雪サービス対象を六十五歳から七十歳以上に引き上げるとともに一シーズン、課税世帯二万円、非課税世帯二万四千円だった助成額を二万四千円に統一する内容。

[ 2008-05-16-19:00 ]

自信を持って職務推進
名寄消防の町さん・予防技術検定に合格

 【名寄】上川北部消防事務組合名寄消防署の町英紀さんは、このほど、予防技術検定(防火査察専門員)試験に合格。試験を受けての資格取得者は同組合管内では三人目、同消防署では二人目。町さんは「運用されて間もない検定制度のため参考書もなく、問題の傾向など情報収集に苦労した。今後はより自信を持って職務に当たり、火災で人命が失われることのないよう努めていきたい」と話している。
 同事務組合では今後、一年に一人のペースで、予防技術検定の資格取得者を配置し、予防業務の高度化に対応していく意向。

(写真=認定書を受ける名寄消防署の町英紀さん)

[ 2008-05-16-19:00 ]

テーマは「名所探し」
市民講座なよろ入門が開講

 【名寄】名寄市公民館主催の市民講座「なよろ入門」が十四日、市民文化センターで開講。受講者二十一人が、新たな発見の数々に驚きの表情を見せながら名寄を学んでいる
 名寄について知ってもらいたい─と企画。テーマは「名所探し」で全八回日程。室内での講話だけではなく、春や初夏の自然を探しに外へ出る機会も設けている。
 第一回目は名寄の概要や歴史を学ぶガイダンス。講師の市北国博物館学芸員、吉田清人さんが、名寄の語源であるアイヌ語「ナイ・オロ・プト」について説明した。

[ 2008-05-16-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2008年

5月

1日
2日
3日
4日
5日
7日
8日
9日
10日
11日
12日
13日
14日
15日
16日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.