地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2008年5月11


町内購買で商品券交換
美深町・6月から子育て支援スタンプ事業

 【美深】美深町は、六月から独自の子育て支援策として「子育て支援スタンプ事業」をスタートさせる。同事業は、小学校就学前の子供がいる世帯にポイントカードが配布され、町内の協賛店で買い物などをしてポイントを貯めると、商品券と交換できる制度となっている。
 同事業は、美深町商工会と連携して展開するもので、子育てをする保護者の経済的負担の軽減、地域全体で子育てを支える意識の醸成が目的。同時に町内での買い物で商店街活性化に役立てることも狙いで、事業期間は二十二年度までを計画。

[ 2008-05-11-19:00 ]


厳しい中で目標突破
下川高齢者事業団で総会

 【下川】下川町高齢者事業団(小滝重之理事長、会員六十人)の二十年度定期総会が八日、ハピネスで開かれた。
 会員二十人と来賓の安斎保町長と文梨政幸社会福祉協議会会長が出席。
 十九年度決算は、事業収入で公共事業百二件、五百五十三万千八百五十四円。一般三百二十九件、千百八十七万六千二百五十三円。計四百三十一件、千七百四十万八千百七円。年々、公共事業が減少し、十五分程度の小さな事業も多く事業収入も厳しい状況。また、町からの運営補助も十万円減。予算の問題から事務局報酬も下げた。
 新年度事業計画では、社会参加の意欲ある会員増加、花いっぱい運動推進、事業団を理解してもらう広報活動推進などを柱に掲げている。

[ 2008-05-11-19:00 ]

悪質商法の撃退も
下川見守りネット・初の対応マニュアル作成

 【下川】下川町見守りネットワーク(代表・文梨政幸民生児童委員協議会長)では、このほど「悪質商法対応マニュアル」を作成した。近く発足する「支え合いネットワーク」で関係者に説明、お年寄りなどが悪質商法の被害に遭わないよう活用していく。
 近く立ち上がる「支え合いネットワーク」は、高齢者や障害者などの見守りを地域包括支援センター、福祉関係機関、公区、消費者協会、警察などが一体となって取り組むもの。 マニュアルは、高齢者や障害者などと直接、触れ合う関係者の参考にしてもらおうと準備された。

(写真=下川で初めて作成された悪質商法対応マニュアル)

[ 2008-05-11-19:00 ]

寒い中協力して作業
中名寄小でビニールハウス作り

 【名寄】中名寄小学校(丸山優子校長、児童十五人)では九日、農園活動の舞台となるビニールハウス作りを行った。
 同校では毎年、地域住民の協力を得ながらもち米や野菜の栽培を行っている。今年もジャガイモやトマト、ナス、スイカ、メロン、キュウリ、ブロッコリーなどを栽培することを決めており、この日はビニールハウスの骨組みにビニールを掛ける作業を行った。
 朝には雪がちらつき、強風が吹くという寒い中での作業だったが、PTA(平間孝宏会長)四人も訪れ協力。児童たちは「寒い」と言いながらも元気いっぱいに作業。立派なビニールハウスを完成させた。

(写真=農園活動の舞台となるビニールハウスを作った児童)

[ 2008-05-11-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2008年

5月

1日
2日
3日
4日
5日
7日
8日
9日
10日
11日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.