地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2008年4月22


旭川除く道北初の外来設置
名寄市立病院で5月から・人工肛門保有者などへ対応

 【名寄】名寄市立総合病院(佐古和廣院長)では、人工肛門(ストーマ)などの保有者(オストメイト)を対象とした「ストーマ外来」を五月一日から新たに開設する。旭川を除く道北地方では初の外来開設で、開設に向け尽力してきた同病院の認定看護師(皮膚・排泄ケア部門)、吉田恵さんは、「これまでオストメイトは、トラブルがあった場合でも、病院に相談してよいものかも分からず、困りながらも自分でなんとか対応していた人も多かったのが実情だと思う。今後は、私たちがトラブルの原因を見極めて、より質の高い日常を送れるようケアしていきたい」と話している。

(写真=外来開設へ尽力してきた認定看護師の吉田恵さん)

[ 2008-04-22-19:00 ]


残雪を踏みしめ汗
下川で35人がピヤシリ登山

 【下川】下川山岳会(金沢博会長)主催の第四十二回町民ピヤシリ登山会が二十日、公民館に集合して行われた。
 集合後に班分け。参加者は町内のほかに、名寄や士別、興部から三十五人で、八十歳以上から小学二年の児童まで幅広いものとなった。
 バスで登山口まで移動後、さっそく登山開始。参加者は雪を踏みしめながら急な斜面も越えて登ったが、この日は、好天に恵まれ薄着をしていても汗が流れるほど。途中、野ウサギの飛び跳ねる姿も見られ、心を和ませた。山頂へたどり着くと景色を眺めながら、それぞれ食事を楽しんでいた。

(写真=ピヤシリ山を登る参加者)

[ 2008-04-22-19:00 ]

沈黙の中で熱戦展開
名寄で道北支部対抗将棋大会

 【名寄】北海道将棋連盟名寄支部(吉川明男支部長)主催の第四十回道北支部対抗将棋大会が二十日、市民文化センターで開かれた。
 大会は一チーム五人の団体戦のみで、地元の名寄をはじめ、稚内、旭川、北見、留萌などからAクラスに十チーム、Bクラスに八チームが参加した。
 試合では、相手の様子をうかがうと同時に一手、二手先を読みながら自分の駒を慎重に動かし、盤を挟んで真剣勝負。沈黙の中で白熱した試合を繰り広げていた。

(写真=A、Bクラスに18チームが参加した道北支部将棋大会)

[ 2008-04-22-19:00 ]

カタクリが満開に
名寄延齢の森で1週間早く

 【名寄】市内砺波の砺波ヶ丘自然公園にある「延齢(えんれい)の森」で、カタクリの花が満開。訪れる人たちの目を楽しませている。
 同公演は、旧ホテルピヤシリ跡地近くにあり、面積三十二・三ヘクタールと広大。そのうちカタクリの群生が見られるのは、散策路の登り口周辺。紫色の花びらが一斉に開いており、まるでじゅうたんを広げたよう。
 花は紫色の二枚の葉の間に一輪だけ。紫色の花びらの付け根に濃い紫色の模様が特徴。花が咲くまでに七、八年かかるが「花の命」は、わずか一週間と短い。
 今年はこのところ続いた好天で、例年より一週間以上早く、一気に開花した。

(写真=かれんに咲き誇るカタクリ)

[ 2008-04-22-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2008年

4月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
8日
9日
10日
11日
12日
14日
15日
16日
17日
18日
19日
20日
21日
22日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.