地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2008年4月20


幅広い要請に対し活動
大学の地域交流センター・平成19年度の活動実績

 【名寄】大学と地域を結ぶ交流窓口「地域交流センター」(田哲センター長)の十九年度活動実績は、ボランティア活動や講師派遣などの幅広い要請に対し、総計で千人を超える学生や教職員、市民らが同センターを通じて地域活動に参加した。これまで交流の無かった団体や機関との関係が深まったことが大きな成果としながらも、センター協議会や運営委員会の定期的開催が無いなど多くの課題が本年度に持ち越しとなったのが現状で、田センター長は「定期的な運営委員会・センター協議会の開催、学生サポートチームとの一層の協議。さらに地域との共同を通じ、名実ともに地域活動の中核となれるように努力する」と話す。

[ 2008-04-20-19:00 ]


学校給食費据え置き
下川・新任の立川場長厳しい表情

 【下川】一日付で町立学校給食共同調理場長に前町税務住民課長、立川勉さん=共栄町=が就任した。「給食資材が相次いで値上がりしていますが、新年度も給食費の据え置きのまま。難しいやり繰りですが、成長盛りの児童生徒のために栄養価は落とさず、何とかより良い給食を提供していきたい」と厳しい表情。
 立川さんは、四十年九カ月勤めた町役場を三月末で定年退職。行政手腕が買われ、同場長就任を依頼された。
 立川場長、栄養士の堀川亜矢子さんは、「あらゆる原材料が値上がりしており、厳しい状況。特に乳製品、パスタ系の値上げが目立つ。小学生で六百五十カロリー、中学生で八百三十カロリーの栄養価をまず確保。副食、デザート類の工夫で何とか安全安心の給食を提供していきたい」と話している。

(写真=「厳しい状況」と話す新任の立川勉下川共同調理場長)

[ 2008-04-20-19:00 ]

豊穣の秋へ期待込め
風連町豊里第3営農組合・順調にもみまき作業

 【名寄】暖かい陽気に包まれている名寄地方でも水稲のもみまき作業が本格化。各農家では、豊穣の秋に願いを込めながら作業を進めており、活気にあふれる風景となっている。
 市内風連町豊里の農家八戸で組織する「風連町豊里第三営農組合」(泉谷昭夫組合長)は、昭和五十一年から集団で営農。
 同組合は「今年は雪解けが早く、天気も良いため、順調に作業が進んでいます。豊作になるように期待しています」と出来秋を期待する一方、「安全で安心な米を望む消費者に応えられる米作りを行っていきたいと思います」と、消費者にメッセージを送る。

(写真=夏の陽気のハウス内で作業を進める豊里第3営農組合)

[ 2008-04-20-19:00 ]

みんなで安全運転
セーフティラリー参加募集

 無事故・無違反で五カ月先のゴールを目指そう─。セーフティラリー北海道実行委員会は、「セーフティラリー北海道二〇〇八」の参加者を募集している。
 「セーフティラリー北海道」は、運転免許保有者の無事故・無違反の達成と、交通安全意識の高揚を図ることを目的とした交通安全運動で、五人チーム、三人チーム、個人に分かれて七月一日から十一月三十日までの五カ月間、安全運転を競争する。
 参加費用は、一人七百円(運転記録証明書の法定手数料)。募集期間は六月三十日まで。申込用紙は、最寄りの警察署や自動車安全運転センターに置かれている。

[ 2008-04-20-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2008年

4月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
8日
9日
10日
11日
12日
14日
15日
16日
17日
18日
19日
20日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.