地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2008年4月8


交流拠点に期待高まる
サンピラーパーク19年度利用・目標上回る11万5415人

 【名寄】道立サンピラーパークの指定管理者となっている名寄振興公社は、十九年度の利用状況をまとめた。十八年十一月に開園したため、実質の通年運営は十九年度が初めてとなったが、屋内カーリング場を備えたメーン施設の交流館をはじめ、昨年はフワフワドームなどの屋外施設や工房館が供用開始となり、道が設定した総体の目標利用数を三千人以上上回る十一万五千四百十五人が利用。市内の交流人口拡大に大きく貢献するものとなっており、今後も上川北部を中心とした交流拠点として期待が高まっている。

[ 2008-04-08-19:00 ]


子育て支援機能充実
美深幼児センター・開所式と入所式

 【美深】美深町幼児センター(宇野育子センター長、入所児百二人)の開所式と入所式が八日、同センターで行われ、幼保一元化と子育て支援充実の第一歩をスタートさせた。
 同センターは、従来の町立美深幼稚園と町立美深保育所を一体化。少子化が進行している現状を背景に、幼児教育と保育の体制を効率化させることで、一貫した子育て支援を推進することを狙いとしている。
 開所式には年長児とその保護者、センター職員、来賓ら約百五十人が出席。年長児と山口町長、宮原宏明町教育委員長、藤守千代子町議会議長がテープカットを行い、開所を祝った。

(写真=年長児たちがテープカットを行った開所式)

[ 2008-04-08-19:00 ]

農業と医療で要望
春季道北市長会・情報交換し課題解決へ

 【名寄】二十年春季道北市長会が七日、ホテル藤花で開かれ、道や国に対する要望内容を確認したほか、農業や医療問題などで情報・意見交換し、道北地方が抱える問題について共通認識を深めた。
 道北市長会は、富良野以北稚内の九市で構成しており、毎年、春と秋の年二回持ち回りで開催。各市の首長が集まって道北地方の問題点などについて意見を交わすとともに、課題解決に向けた取り組みを進めている。
 二十年春季提言で「継続的農業・農村づくり促進特別対策事業の制度継続」と「北海道の救急医療の確保」ではドクターヘリ導入を挙げ、道や国に要望していくことを確認した。

[ 2008-04-08-19:00 ]

サクラなど明るい色
長谷川さんが名寄署彩る

 【名寄】名寄警察署(佐藤邦昭署長)内が、赤やピンク、黄色など春をイメージするきれいな造花で彩られ、来署者を穏やかな気持ちにさせている。
 この造花は、名寄市交通安全指導員会顧問などを務める長谷川米茂さんが設置したもの。十年ほど前から市内各所を花で彩る活動を行っており、今回は「春の全国交通安全運動」に合わせて同署に設置したほか、市役所とホテルメープルにも展示した。
 同署には、サクラやユリ、チューリップなど六種類を展示し、「春らしい明るい色を選びました」と長谷川さん。これを受け、長谷部仁交通課長は「心安らぐこの花を見て、スピードを出さず、デイライトで安全運転に努めてください」と呼び掛けている。

(写真=造花展示の長谷川さんと佐藤署長)

[ 2008-04-08-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2008年

4月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
8日
その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.