地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2008年3月27


新会長に中村稔さん選任
名寄市社協評議員会・福祉充実へ誓い新たに

 【名寄】名寄市社会福祉協議会の第三回評議員会が二十六日、ホテルメープルで開かれた。任期満了に伴う役員改選では、新会長に中村整形外科院長の中村稔さんが選任された。中村さんは「皆さんの支援、協力の下、役職を全うできるよう尽力していきたい」と抱負を語るなど、名寄市の福祉充実へ誓いを新たにした。
 評議員、役員ら約六十人が出席。二十年度の重点推進目標を(1)法人運営基盤の強化(2)地域福祉事業の推進(3)在宅福祉事業の充実(4)介護サービスの充実―を掲げた。

[ 2008-03-27-19:00 ]


裁判員制度を理解
連合美深地区の労働講座

 【美深】連合北海道美深地区連合会(竹内直樹会長)と美深町主催の労働講座が二十六日、町文化会館で開かれ、来年五月までにスタートする裁判員制度に理解を深めた。
 同連合会では毎年、住民を対象とした労働講座を開催。今回の講座には約四十人が参加し、講師に名寄簡易裁判所の設樂篤判事を招いた。
 裁判員に選任された場合、「評議では、被告人が有罪か無罪かは、自分が立ち会った法廷で提示された証拠のみに基づいて判断する。公判が一日で終わらず一度帰宅してもらう場合もあるが、その間にニュースや新聞で見聞きしたことを根拠にしてはならない。意見や考えは、評決を取るまでは途中で変えても構わない」と解説した。

[ 2008-03-27-19:00 ]

スローガン掲げ運動
智恵文農連の定期総会・20年度の方針決める

 【名寄】智恵文農民連盟(藤森一吉執行委員長)の第三十五回定期総会が二十六日、道北なよろ農協智恵文支所で開かれ、二十年度運動方針を決めた。
 二十年度は「『真の農政改革』を目指すため、全盟友の意識を終結させよう」「本格化するWTO農業交渉、FTA/EPA対策を強化しよう」「配合飼料・肥料・生産資材などの安価供給体制を実現しよう」「食料自給率向上と道産品の愛食運動をオール北海道で展開しよう」のスローガンを掲げて積極的に運動を展開。
 具体的には、水田農業の維持・発展を図るための米価浮揚対策、所得確保対策を最重点課題とする米対策活動などに取り組む。

[ 2008-03-27-19:00 ]

陽光浴び優美な姿
風連地区でハクチョウ飛来

 ○…春の訪れを告げるハクチョウの群れが、今年も風連地区農村部に飛来。落ち穂を食べながらのんびりと翼を休めている光景のほか、元気に鳴いたり、大きな翼を広げ優美な姿を見せている。
 ○…ハクチョウはカモ科の水鳥。シベリアなどで繁殖し、冬季は温暖な地域にわたって越冬する冬鳥で、風連地区にも毎年三月下旬ごろから四月上旬ごろに飛来。陽光を浴びながら真っ白な翼を広げる優雅な姿を間近で見ることができる。
 ○…現在、東風連や瑞生などの水田に舞い降り、水たまりにくちばしを入れて水を飲んだり、落ち穂を食べて長旅の疲れを癒す一方、羽ばたきを繰り返すなどの力強い姿も見せており、今年もシベリア地方に旅立つ日まで地域住民の目を楽しませている。 〈名寄〉

(写真=水田で翼を休ませているハクチョウ)

[ 2008-03-27-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2008年

3月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
8日
9日
10日
11日
12日
13日
14日
15日
16日
17日
18日
19日
21日
22日
23日
24日
25日
26日
27日





その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.