地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2008年3月15


こども園事業など可決
名寄市議会定例会が閉会

 【名寄】第一回名寄市議会定例会最終日の十四日は、二十年度一般会計予算と各企業会計予算などを可決して閉会した。追加提案された、風連地区の特別養護老人ホームしらかばハイツ民営化に伴う「名寄市特別養護老人ホーム条例の一部改正」や、大谷幼稚園と中央保育所で準備を進めている認定こども園の整備事業にかかわる十九年度一般会計補正予算などの議案を可決。また、定例会に先立って名寄市議会予算審査特別委員会(谷内司委員長)が開かれ、病院会計や水道会計などで質疑を行った。

[ 2008-03-15-19:00 ]


東京出身の脱サラが新規就農
下川町・中田さん夫婦の春が本格始動

 【下川】東京出身の中田豪之助さん、麻子さん夫婦が、サラリーマン生活にピリオドを打ち、町内上名寄地区で農業経営を開始した。「東京では、決して味わうことのできない喜びがあります」と毎日、ハウスの中で作業に汗を流している。
 二人とも子供のころから植物や花が大好き。インターネットで新規就農の先輩、三の橋の酪農業、鈴木和夫さんを知り、夫婦で鈴木さん宅を度々、訪れた。町の新規就農者に対する支援が、他の町より熱心で充実していることを知り、下川への永住を決断。期間短縮などの措置を受け十七年五月から二カ年間の農業研修。昨年四月から念願の新規就農者として自立した。

(写真=「皆さんの親切がうれしい」と話す中田さん夫婦)

[ 2008-03-15-19:00 ]

4人が気持ち新たに
北星信用金庫の入庫式

 【名寄】北星信用金庫(田原靖久理事長、役職員二百三十五人)の新入職員入庫式が、十四日午前十一時から同庫本店で行われ、新入職員四人が決意を新たにした。
 本年度は昨年五月に採用試験があり、十五人が受験した。採用となったのは名寄をはじめ、音威子府、旭川出身の四人。今月それぞれの大学、専門学校を卒業して四月一日付で採用。
 式では新入職員の木谷麻奈未さんが宣誓。田原理事長が「本人はもとより両親も喜んでいると思う。これからいろいろな経験をすると思うが、強い自分と心を養ってください。期待に応えられるような信金づくりにまい進していきます」とあいさつした。

(写真=北星信金新入職員を代表して宣誓した木谷さん)

[ 2008-03-15-19:00 ]

最優秀に大見教授
名寄大学シンボルマーク決定

 【名寄】名寄市立大学(久保田宏学長)シンボルマークが決定し十四日、同学新館で記念品贈呈式が行われた。応募総数二十二点の中から最優秀作品に選ばれたのは、同学保健福祉学部栄養学科長の大見広規教授の作品で「大変光栄なこと。シンボルマークを活用してくれればうれしい」と喜びを語った。
 最優秀作品賞の大見教授の作品は、市章に大学の英語表記である「University」の略語「univ.」を加えた形。
 記念品贈呈式で、大見教授に記念品(商品券三万円)を贈った久保田学長は「大学が続く限りあるため、末永く市民に愛されるように期待している」と語り、市民に親しまれるマークになるように期待していた。

(写真=シンボルマークを持つ大見教授(左)と久保田学長)

[ 2008-03-15-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2008年

3月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
8日
9日
10日
11日
12日
13日
14日
15日





その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.