地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2008年3月12


駅南側用地は議論みて判断
名寄市議会予算委員会・コープ出店への対応

 【名寄】名寄市議会予算審査特別委員会(谷内司委員長)が十一日から十四日まで、市役所名寄庁舎で開かれている。初日は総括説明の後、議会費、総務費、民生費、衛生費で質疑。木戸口真委員(凛風会)は、コープ札幌が出店を表明しているJR名寄駅南側の名寄市土地開発公社が所有する土地の扱いを質問。今尚文副市長は「市や公社が先行して判断するものではなく、中心市街地活性化計画の推進の中で、駅南側の土地をどう活用するかという議論が出てくると考えており、計画の策定作業とすり合わせながら的確な判断を行いたい」と答弁するにとどまった。

[ 2008-03-12-19:00 ]


チェーンソーアートで国際大会
下川の木霊さん26日豪州へ・「優勝目指す」と意欲

 【下川】西町のチェーンソーアーティスト、木霊光(こだま・ひかる)さん=本名・児玉。下川町森林組合勤務=が、二十八日から三日間、オーストラリア・タスマニア州で開かれるタスマニア国際チェーンソーカービング競技会に招待され出場する。実績が評価され、日本人でただ一人の参加。「とても名誉です。最高の作品を彫り上げ、ぜひ優勝したい」と意欲を燃やす。
 木霊さんは愛媛県松山市の出身。北海道の自然にあこがれ九年前に下川へ。現場でチェーンソーを使用する仕事を担当。彫刻などに対する関心はなかったが五年前、偶然、チェーンソーアートに触れ、この世界へのめり込んだ。
 下川森林組合では、「職場で身に付けた技術を生かしたアートであり、職場ぐるみで応援しています」と木霊さんの健闘を期待している。

(写真=「リラックスして作品を彫り上げたい」と意欲を語る木霊さん)

[ 2008-03-12-19:00 ]

全自動木質蒸気ボイラー始動
下川町森林組合・端材燃焼し木材乾燥

 【下川】下川町森林組合(山下邦廣組合長)の全自動木質バイオマス蒸気ボイラーのしゅん工・安全祈願祭が十二日、南町の同組合集成材加工施設で行われた。集成材工場から出るカンナくず、端材などを燃焼し高温でクリーンな燃焼ガスを発生。これを同施設内にある木材乾燥機五台すべてに、木質バイオマスによる熱として供給。また、冬期間、作業棟(千六百平方メートル)内部の暖房にも活用。道内では初の施設として注目される。
 しゅん工・安全祈願祭には、組合関係者のほか町、町議会、林産業関係者、工事業者など百人が参加。神官の祝詞の後、全員で玉ぐしを上げて工事しゅん工と今後の安全を祈願した。

[ 2008-03-12-19:00 ]

さくらさくらを演奏
名寄小6年が筝曲の学習

 【名寄】名寄小学校(笹本宗伯校長)の六年生六十二人は十一日、同校音楽室で目を輝かせながら初めての筝曲演奏を楽しんだ。
 笠井社中を主宰する笠井道子さんが開校百周年を記念し、平成十四年に寄贈した琴二面を音楽室前に展示しているが、実際に触れて体験する機会を─と、総合的な学習「身近な音楽」として筝曲を学習することになった。
 講師の笠井さんは「琴は天空を駆け巡る竜をイメージした楽器」と説明し、座り方や手の置き方など正しい姿勢を伝授。引き続き、長時間の正座に苦闘しながら「さくらさくら」を一生懸命に練習。独特の音色を楽しみながら筝曲の魅力に触れていた。

(写真=目を輝かせながら琴に触れた児童たち)

[ 2008-03-12-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2008年

3月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
8日
9日
10日
11日
12日





その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.