地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2008年3月2


総体事業費は9億5000万円
美深小改築、改修・多目的スペースで学習環境充実へ

 【美深】美深町は、二十年度から二カ年計画で美深小学校の改築・改修工事に着手する。施設の老朽化に伴い、昭和三十九年建設の校舎を改築する一方、学校統合によって五十一年に増築された校舎を改修。耐震補強するもので、二十年度予算では建設工事費三億一千九百万円、備品購入費六百五十万円、工事監理委託料など諸経費五百十四万円の計三億三千六十四万円を計上した。二年間の事業費は建設工事費八億六千万円、備品購入費五千万円の計九億一千万円。さらに十六年度から進めてきた学校施設整備基本計画構想、基本計画、実施計画策定、耐力度調査などの費用を含めた総体事業費は九億五千万円に上る見込みだ。
 基本設計のコンセプトとして「学習環境充実」「安心安全」「快適性確保」「多様化対応」「コスト縮減」を挙げている。学習環境充実では、多目的スペースを設けて少人数指導、複数教員による指導、集合学習など新しい指導方法の対応を可能とする。

[ 2008-03-02-19:00 ]


国内産にこだわり
名寄市学校給食セン・子供へ安全安心を提供

 【名寄】食の安全への関心が高まっている中、名寄市学校給食センターでは、国内産の食材にこだわった学校給食の提供に取り組んでおり、同センターは「今後も地元をはじめとする国産食材にこだわり、安全安心な給食の提供に努めていきたい」と話している。
 道内の食肉加工販売会社による食肉偽装や中国製冷凍食品への毒物混入事件など、全国的に食に関する信頼が大きく揺らいでいる。そのような現状で名寄学校給食センターでは、外国産の食材を一切使用せず、国内産の食材のみを使用。カツやコロッケ、エビフライなど、多量に作れないものに関しては加工品を使用しているが「学校給食用に開発され、食品添加物が極力控えられた物を使用している」と、安全性をPRしている。

[ 2008-03-02-19:00 ]

誠実さを大切に
名寄・市内4高校で307人卒業

 【名寄】名寄市内四高校の卒業式が一日、各校で行われ、三百七人が慣れ親しんだ学び舎を後にした。
 名寄高校(荘司信一校長、生徒四百七十八人)では午前十時から体育館で卒業式。吹奏楽部の演奏と出席者の拍手に迎えられ卒業生百五十八人が入場。
 荘司校長が卒業生一人一人に卒業証書を手渡し「物事を冷静にとらえ、多面的に考えることと誠実さが大切。それぞれの夢の実現へ向けて心豊かに歩んでください」と式辞を述べた。卒業生は進学や就職などそれぞれ別の道を歩み始めるが、同校で培ったたくましさとたくさんの思い出を胸に学び舎を巣立った。
 名寄光凌では九十八人、名寄農業では三十三人、風連では十八人が卒業した。

(写真=荘司校長から卒業証書を受け取った名寄高の卒業生)

[ 2008-03-02-19:00 ]

ダイヤ改正や車両増結
宗谷本線活性化協が要望会

 【名寄】宗谷本線活性化推進協議会(会長・島多慶志名寄市長)の要望懇談会が二十九日、ホテル藤花で開かれ、JR宗谷北線運輸営業所(林眞一所長)にダイヤ改正や車両増結などを要望した。
 要望懇談会には、和寒以北稚内にある宗谷北線沿線自治体の首長ら十人が出席。島会長が(1)宗谷本線の完全高速化の実現(2)特急列車自由席車両の増結(3)スーパーカムイ五一号のダイヤ改正―など、沿線自治体共通要望事項が書かれた要望書を林所長に手渡した。

[ 2008-03-02-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2008年

3月

1日
2日





その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.