地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
日曜随想天塩路
会社概要
リンク
月曜グラフ
連載企画
広告について
おくやみ
採用情報

2008年2月12


厳冬の夜空を美しく
北の天文字焼き・東小でランタンフェス

 【名寄】第二十回「北の天文字焼き」(実行委員会主催・坂田仁委員長)が九日、名寄市旭東地区の通称「太陽の丘」で点火され、厳冬の夜空を明るく美しく彩った。
 今年もドラム缶二百七十個を雪原に配置。実行委員や一般市民たちがたいまつをリレーして火を入れると、縦二百二十メートル、横百五十メートルの巨大な天文字が「太陽の丘」に浮かび上がった。
 同時に花火も打ち上げられ、多くの市民は国道239号線沿いや緑丘地区などから雪原に赤々と燃え上がる幻想的な光景を眺めたほか、写真に収める人の姿も見られた。
 また、同日午後五時からは名寄東小学校コミュニティセンター運営委員会(高野繁委員長)など主催の「第八回スノーランタンフェスティバル」が同校グラウンドで開催された。

(写真=天文字、スノーランタン、花火で彩った名寄の夜空)

[ 2008-02-12-19:00 ]


新年度予算は40億円超
美深町まちづくり会議

 【美深】第二回美深町まちづくり推進町民会議(梶田幸宏議長・委員二十六人)が八日、町役場で開かれ、総合計画や行政改革推進計画実績が報告されたほか、町政全般で要望・意見を交わした。
 会議には十九人が出席。山口信夫町長はあいさつで「総合計画と行政改革は相反するものだが、しっかりと推進しなければならない。新年度予算編成では予算規模は四十億円超となる見込み。十九年度でCOM100建設費償還などが終わり、歳出は三億円程度減るが、二十年度からは美深小学校の改築を控えている」と説明した。

[ 2008-02-12-19:00 ]

下川アイスキャンドルパーク開幕
光の中でウエディング・スクエアやWエンドも多彩

 【下川】冬の夜をファンタスチックに彩る第三十四回下川アイスキャンドルフェスティバルのアイスキャンドルパークが、九日から十七日まで万里の長城で行われている。また、緑町、恵林館を会場に第三回「カルチャーウイークエンドしもかわ二〇〇八」も十日に開幕、十七日までほぼ同時進行。いずれも多彩な内容で訪れる人たちでにぎわっている。
 アイスキャンドルパーク初日の九日は、午後六時過ぎからオープニングの後、約千五百個のアイスキャンドルが輝く中でアイスキャンドルウエディング。新郎は一の橋在住で、エミュー牧場にかかわりながら五味温泉の夜警員をしている漫画家、小峰博之さん。新婦は帯広出身の早智さん。谷一之実行委員長から「結婚認定書」を受け取った後、安斎保町長から祝福の言葉と記念品が贈られ、二人とも幸せいっぱいの表情だった。

(写真=祝福を受ける小峰博之さんと早智さん)

[ 2008-02-12-19:00 ]

多彩なイベント満喫
笑顔あふれる風連冬祭り

 【名寄】風連の冬を彩る「第二十四回ふうれん冬まつり」(風連まちづくり観光の主催)が九、十の両日、風連町仲町特設会場で開かれ、多くの地域住民が多彩なイベントを通して雪に親しみながら楽しいひとときを過ごした。
 本祭りの十日は午前十時に開幕。ちびっこ集まれ(宝探し)やビンゴゲーム、キャラクターショー(ゲキレンジャー)などのアトラクションを楽しんだほか、毎年好評のメーンイベント「全日本氷上人間カーリング」(十四チーム出場)も観客の目を引く盛況ぶり。絶えず歓声が響くなど、笑顔あふれる楽しい二日間となっていた。

(写真=来場者を楽しませた氷上カーリング)

[ 2008-02-12-19:00 ]

※本欄に掲載されている内容は、本紙掲載文から抜粋したものです。詳しくは本紙をごらんください。



2008年

2月

1日
2日
3日
4日
5日
6日
7日
8日
9日
10日
12日





その他
バックナンバー
最新
地域ニュース
HOME
 
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)日曜随想天塩路
       

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
 

  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL

 写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて

プライバシーポリシー

購読申込
広告について

Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.